範囲連結文法の解析構造の可視化

enter image description here

上記は、文脈自由言語の特定の文に対する派生物の良好な視覚化である。
Google画像検索では、「文脈自由文法」を検索することで、さらに多くの情報を見つけることができます。

Let’s consider the language ${a^nb^nc^n : n>0}$ for which
no CFG exists but a RCG does. What does the visualization for the
parse structure of the sentence “aaaaabbbbbccccc” look like? You
can draw the visualization in MS Paint: I don’t care how ugly it is
as long as it isn’t confusing. But you must submit a picture for an
answer.

ベストアンサー

編集:質問の「精神」に従った答え:

ルールを使ってみましょう $$ S(xy)からA(x、y)$$まで $ A(x、ayb)からA(x、x)までA(y、y)$$
$$ A(x、x)〜ε$$ 次に、$ S(aabb)をA(a、abb)からA(a、a)A(b、b)から epsilon
$に導くことができる。 この場合、解析ツリーは次のようになります。

$$ begin{eqnarray*} &S(aabb)\ &downarrow \
&A(a,abb)\ &swarrowquadsearrow \ &A(a,a)quad
A(b,b)\ &searrowquadswarrow \ &epsilon\
end{eqnarray*} $$

質問の「手紙」に従った原回答:

Using @MarzioDeBiasi’s grammar
$$begin{eqnarray*}S(xyz)&{color{red}rightarrow}&A(x,y,z),\
A(ax,by,cz)&{color{green}rightarrow}&A(x,y,z),\
A(a,b,c)&{color{blue}rightarrow}&epsilon,end{eqnarray*}$$
the picture is:

$$begin{eqnarray*} &S(aaaaabbbbbccccc)\
&{color{red}downarrow}\ &A(aaaaa,bbbbb,ccccc)\
&{color{green}downarrow}\ &A(aaaa,bbbb,cccc)\
&{color{green}downarrow}\ &A(aaa,bbb,ccc)\
&{color{green}downarrow}\ &A(aa,bb,cc)\
&{color{green}downarrow}\ &A(a,b,c)\
&{color{blue}downarrow}\ &epsilonend{eqnarray*}$$

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です