カーディナリティ制約の下での単調なサブモジュール最大化のための貪欲

カーディナリティー制約の下で、単調なサブモデル化関数$ f(A)$を最大化するという古典的な問題を考えてみましょう。 leq
k $。この問題は、$ | B | geq n-k $に従う$ f(S setminus
B)$を最大化することによってもたらされる。ここで、$ S $は、基数$ n $を持つ基底集合である。 $ f(S
setminus B)$は非増加でサブモデル化されています。グリーディアルゴリズムを逆方向に実行すると、同じ近似係数$ 1-1/e
$を達成できますか?

ベストアンサー
申し訳ありませんが、適切な答えはありません

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です