非可換型のヒンチン不等式の応用

私は、Rademacherの確率変数が条件$ sum_ {i = 1} ^ N varepsilon_i =
M、、-N leq Mによってきつい場合、非可換性のKhinchine不等式の適用を探しています(下記参照) leq N
$。

$ varepsilon_i、i = 1、 ldots、N $を独立したRademacher確率変数とする。 $
Gamma_i、i = 1、 ldots、N $を同じ次元の実数(または複素数)行列とする。 begin {align}
label {Noncommutkhin} p max left { left | {} {}
{\
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\左(
sum_ {i = 1} ^ N Gamma_i Gamma_i ^ * 右)^ {1/2} right | _
{S_ {p}} ^ {p}、、 left ( sum_ {i = 1} ^ N Gamma_i ^ *
Gamma_i right)^ {1/2} right | _ {S_ {p}} ^ {p} right }である。
end {align}

ベストアンサー
申し訳ありませんが、適切な答えはありません

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です