カーディナリティー制約を使用した単調超モード関数の最大化

私はsubmodular関数には新しいです。私はカーディナリティ制約下で単調な超モード関数を最大にしたい、すなわち、$ v =
{1,2、… n } $、$ f:2 ^ v rightarrow R $は単調な超モジュラー関数$ k
{1,2、.. n } $と$ underset {S} max {f(s):s subseteq v、| s | =
k } $である。文献からは、これがNPの難しい問題であることが分かりました。なぜなら、それはdensest k
subgrapgh問題を一般化するからです。
www.icml-2011.org/papers/506_icmlpaper.pdfに最小ノルムポイントアルゴリズムに基づいたアルゴリズムが1つ見つかりました。しかし、これはいくつかのkに対してのみ正確な最適値を与える。誰もこの問題の近似アルゴリズムの提案/参照はできますか?

ベストアンサー
申し訳ありませんが、適切な答えはありません

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です