個人からのローンやマイクロローンの管理と報告

私たちの組織は、個人から1,000ドル以上の融資を受け取り、利子をかけて段階的に返済します。これらのローンの管理、追跡、返済を既存のWordPressに導入されたCiviCRMシステムおよびデータと統合するにはどのようなことが必要でしょうか?

心に留めておくべきことはいくつかあります:

  • 各ローンは、個人または組織に結びつけるべきです。
  • Googleの組織が(手動で)ローン申込みを受け入れた後、貸し手はクレジットカードまたは銀行カードを使用してGoogleの販売アカウントに資金を送金できます。
  • 貸し手への支払い(小切手による)は、ユーザーが手動で入力します
  • 基本列には、user_unique_id、ローンID、金利、期間、作成日、原則および現在の残高が含まれている必要があります。
  • 各ローンIDは、支払いごとに日付、小切手番号、その他の取引固有のデータを含む支払い記録に結びつけてください。

誰かがCiviを使って入金を管理していますか?もしそうなら、これをどうやってやっていますか?あるいは、新しい拡張(つまり、ローンコンポーネント)の開発に関心のある人はいますか?その費用はいくらですか?

ベストアンサー

金利などを表示するフィールドが必要な場合は、UIを使用してこれを行うことができます(必要に応じて、 ‘Contribution
Type’に応じて)Custom Contributionフィールドを追加することができます。

あなたがuser_unique_idを必要とするかどうかは分かりませんが、
‘内部ID’が必要な処理を行う可能性があるためです。とにかくコアシムが扱うデータである可能性があるため、「作成日時」などには同意する必要があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です