接頭辞/接尾辞の正規表現

文法によって定義されるスターフリーの正規表現はよく知られています

$ r :: = a mid r cdot r mid r cup r mid neg r mid
varepsilon mid emptyset $

ここで、$ a $は有限のアルファベット$ Sigma $と$ varepsilon $に属しています。空の文字列です。
彼らの言語的空虚さの問題は、非基本的(より正確にはタワー・コンプリート)であり、「困難なケース」を否定するものである。

しかし、この種の正規表現で同じ問題について何が言えるでしょうか?

$ r :: = a mid r cdot Sigma ^ + mid Sigma ^ + cdot r
mid r cup r mid neg r mid varepsilon mid emptyset
$

$ Sigma ^ + $は$ neg( emptyset cup
varepsilon)$として「書き直す」ことができますが、連結は弱められているので、ここでも否定はありますが、
:実際には、$ r cdot Sigma ^ + $と$ Sigma ^ + cdot r $は、$ r
$の右/左拡張を任意の(空でない)文字列で表します。

誰もがこの問題の複雑さを知っていますか?それは初心者ですか?類似の問題や関連する文献を知っていますか? ありがとう。

ベストアンサー
申し訳ありませんが、適切な答えはありません

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です