アンバランス接続パーティション

$ G =(V、E)$を(おそらく負の)頂点重み$ w(v)を mathbb {Z}
$と結ぶグラフとする。誘導されたグラフ$ G ‘$と$ G’ ‘$が接続され、$ | w(G’)|
$が最大であるように頂点を2つの部分に分割したいここで$ w(G ‘)$は$ G’ $の頂点重みの合計です。

私は、$ w(G ‘) – $を最小化する問題を頂点重み付き$ k = 2 $、$ BCP_2
$の平衡接続パーティションと呼びます。 Chlebikovaは1996年にこれがポリタイム$ 4/3
$接近アルゴリズムを認めることを示した。
最大化版の文献もありますか?近似境界の証明がないヒューリスティックなアルゴリズムであっても有用であろう。

実際に、私が解決しようとしている究極の問題は、これらの組み合わせです。各頂点に2つの重み$
w_1(v)、w_2(v)$がある場合、$ | w_1(G ‘) – w_1(G “)| – | w_2(G ‘) – w_2(G
“)| $。

ベストアンサー
申し訳ありませんが、適切な答えはありません

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です