なぜ乱数化のために必要であるか、または必須であると考えられている関数と擬似乱数生成器の違いは何ですか?

強い擬似乱数生成器が存在する場合、$ BPP = P $が成り立ち、片方向関数が存在すれば$ BPP subseteq
SUBEXP $が成り立ちます。

      

  1. われわれが立証した最良のステートメントは、これらのステートメントに近いものになるでしょうか?
  2.   

私の動機は、この$ P = BPP $と$ NP subseteq P/poly
$は私たちが知っているものと一致しているということです。しかし、$ MCSP subseteq NP は$ $ NP
subseteqを意味します.P/poly $は、

KabanetsとCaiの回路最小化問題を参照してください。

      

  1. したがって、一方向関数と擬似乱数生成器は逆ランダム化のために必要ではありませんか?
  2.   

$ P = BPP $を示す引数があれば、強い疑似乱数ジェネレータが存在することを示す引数は、その場合は$ NP not
subseteq P/poly $を表示する必要があるかもしれません。$ P = BPP $と$ NP subseteq
P/poly $ should私たちが知っているものと一致しない。しかし、私はこれに関する声明を明らかにすることはできません。

極端な場合には、$ P = NP
$である可能性があります。この場合、逆ランダム化と一方向関数と擬似乱数生成器はありません。これらが逆ランダム化のために不可欠であると考えられる理由は全く明らかではない。

      

  1. $ P = BPP $に至る無限の入力長に対して指数関数回路を必要とする$ E $の代替証明がありますか?
  2.   

ベストアンサー
申し訳ありませんが、適切な答えはありません

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です