制約付きブール関数の基本プロパティ

{ pm1 } ^ { pm1 } n to mathbb {R} $、$ I subset
{1、 dots、n } $、 $ {x}(y)= f(x、y)を定義する{x、y} x、y)$である。 ($ x $と$ y
$で与えられるすべての$ n $変数への代入を($ x、y $)で表します)。

$ S subseteq I $とする。私は$ wideath {f_I [x]}(right)= widehat
{f}(S)$が$ wideath {f}(S)$であることを証明しました。 $ S $に対応する$ f
$のフーリエ係数である。今私は(おそらく最初の結果を使って) sum {limits} {T:T cap I = S}
widehat {f} ^ 2($ mathbb {E} _x left { T)。$$

有用なアイデアは非常に高く評価されます。

ベストアンサー

これは、Ryan
O’Donnell(2014)のブール関数の解析の結果3.22です。あなたはその本の証拠を調べることもできますし、オンライン版(これは異なる番号が付いています:これはそこにある結論22に対応しています)。

rel=”nofollow
noreferrer”>このリンク
に記載されているバージョンの本を入手できます。 >。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です