テーブル表現の興味深いアルゴリズム上の質問は何ですか?

私は現在、無責任なグループの研究問題について読んでいます(テーブル表現を想定しています)。解決可能な同型写像は、$
mathcal {NP} $と$ text {co} mathcal {NP}
$の(ほぼ)交点にあることが知られており、派生系列の長さが2のグループについても$ mathcal {NP} $ $ cap
$ $ text {co} mathcal {NP} $で同型写像をどうやって行うのかをしないでください。

Question 1 : What are the interesting
algorithmic questions to answer about nilpotent group class or its
sub-class ( which is non-abelian ) other than isomorphism
problem
?

Question 2 : What are interesting questions to
answer about groups when given in the table representation
other than isomorphism? A non-interesting question is to
find the intersection of two group or to find the
order of any element. Testing membership is also
not interesting as the input given is a table.

ベストアンサー

まず、それはまったく団体ですか?基本的な問題は、与えられた操作(テーブル形式)が連想的であるかどうかをチェックすることです。明白なアプローチはキュービックな時間ですが、
rel=”nofollow
noreferrer”> RajagopalanとSchulman
はほぼ二次的な時間にそれを行います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です