無限正式文脈自由文法の解釈は何ですか?

次のように$ L $を言語とする。

$$ begin{align*} L &::= a | L^{*}\ end{align*} $$

ここで、何らかの変換を適用すると仮定します。$ T:N rightarrow N $ここで$ N
$は文法の非終端記号の集合です。 $ L ^ {*}
$に一意の接頭辞と後置末語を追加し、その新しい代替構文を文法に追加することによって、$ L $が$ L
$の修正版に変換されることになります。

$$ begin{align*} L &::= & a | L^{*}\ & | & (hello)
L^{*} (bye) end{align*} $$

文脈自由文法に$ T $を無限に適用すると、追加された端末は任意の文字列のペアになります。

$$ begin{align*} L &::= & a | L^{*}\ & | & (hello)
L^{*} (bye)\ & | & (hi) L^{*} (goodbye)\ & | &
(begin) L^{*} (end)\ & vdots & vdots end{align*} $$

文脈自由であるか、文脈依存であるか?

つまり、ある非終端記号に対して文法に無限の接頭辞/接尾辞の組がある場合、文脈自由文法ですか?

ベストアンサー
申し訳ありませんが、適切な答えはありません

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です