自明でない肖像画

The portrait cannot tell whether fragment X or Y belongs at
the ? question mark.
 
Can you?
How is it a “self-portrait”?

Let’s say this painting is encountered amid the shadows in
Mortin Myes’ Second Cryptic Gallery
but, despite its caption,
is not a likeness of the artist. The maze-like tilted area
represents an infinite planar pattern that repeats in many ways yet
not entirely, with shading to help distinguish two types of
recurrent 3×4 rectangles. (The undecided rectangle at
the ? question mark has ambiguous checkered
shading.) Horizontal lines decorate loose ends where the displayed
pattern is cropped.

That maze-like pattern indirectly represents a hidden image with
all the answers, if understood. Some hinty
practice sketches, slightly misordered, demonstrate the artist’s
portrayal technique and the infinite test patterns they indirectly
represent and secretly convey. Note that blankness conveys a
checkerboard-like result, whereas one of the nonblank patterns
produces a similar but shifted result.

適切なものは全て図式的であり、 考慮する文字、数字または色はありません。 あなたが自画像を解決するために最も必要とするのは、
電子でさえない その解決策は簡単に言葉で説明することができます。

Bonus / bounty
question:
What mythical creature (yes, being bonus, a
certain creature I happen to be thinking of) can be discovered
in the selfie’s undisplayed pattern extension?

ベストアンサー

Y.背景色とその小さな部分の反転を記入します。この例では、白は枠線/線で、青は空白領域または廊下見た目で表示されます。


Too-much-for-a-comment interjection by this puzzle’s
poser

この答えは、陰影のパターンについての鋭い観察に左右されるようです。 ここでは、私が “背景の色を埋める”という意味は、
その結果に似たYのフリップがあります。

そして、ここで私が “埋める”と “反転”が一緒に意味するのは、 その結果に似た回転したYのフリップがあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です