クリプティカルクルーガイド

この投稿はパズルではありません。同時に投稿されたパズルや自己回答には何も隠されていません。

わかりやすいクロスワードの手掛かり とは何ですか?また、どのように書きますか?

ベストアンサー

(この記事を通して、私は code blocks
で潜在的な注釈を使用します)答えの単語はすべて大文字で構成されており、句読点、小文字、およびスペースは、その答えは手がかりから得られたものです)。


秘密の手がかりとは何ですか?

潜在的なクロスワードのヒントは、特定のルールによって単一の応答ワードにつながるフレーズです。彼らのクロスワードは(潜在的なクロスワード)英国で最も一般的ですが、国際的な出版社もあります。

秘密の手掛かりには3つの部分があります。

  • 正確な定義(従来の「クイック」クロスワードで使用可能)
  • 同じ回答(通常は語学を含む)への公正な補助指標
  • ほかには何もありません。

また、秘密の手がかりは、ほとんど常にその列挙で与えられます。答えの中の単語の長さを括弧で囲んだ文字列と句読点、そしてそれらがどのように句読点になっているかです。たとえば、
“JACK-O’-LANTERN”という答えの列挙は、(4-1′-7)となります。


分割

手がかりの中でポイントを選んで、左と右の部分を完全に別々の手がかりとして読むことが可能でなければならない。
1つは定義です。もう一つは言葉遊びです。
「or」、「is」、「and」、「to」のような単語やフレーズが存在することもありますが、スプリットが定義と語句の間のどこにあるのかを示しますが、しばしばそうではありません。ソルバは、自分で位置を把握しなければなりません。


定義

The 定義 half of a cryptic clue must be one acceptable as a
standalone clue in a standard crossword. This means it can be a
single-word synonym of the answer word, or something far more
complicated. It does, however, have to agree in tense,
conjugation, pluralization, and other aspects with the answer word.
This means “becomes taller” would not be a valid 定義 for “GROWING”,
but it would be a fine 定義 for “GROWS”.


ワードプレイ

ワードプレイ is where cryptic clues get interesting. In the ワードプレイ
half, disguised instructions tell you how to transform and combine
strings of letters to form your answer word. There are countless
different ways to do the ワードプレイ half, and creativity is encouraged.
However, there are a few very common clue types that make up a
majority of the cryptic clues seen today. (These clue types
can be mixed and matched as long as the indicators are
placed appropriately; here, I’ve given basic examples of all of the
types.)

Double 定義s

A double 定義 is a simple clue type: the ワードプレイ is another, 定義 for
the same word. Some examples are:

ヨーロッパの輝き(6)

     

数学者の蛇(5)

     

顧問家具(7)

     

トナカイの悪名高いパーティー(6)

ADDERCABINETDONNER
につながります。 (後者の分割は “for”と “s”にあります)

Generally, the two 定義s must be unrelated, or at least
disconnected enough so that the answer is unambiguous.

チャード

チャード clues are also fairly simple: they just clue parts of the
word independently. For instance, the clue

“フランス語のプログラミングスタイルは簡単に壊れています(7)”

手がかり FRAGILEFR は “French”の略語で、
“agile”はプログラミングスタイルです。これらをまとめると、 FRAGILE という単語が
“簡単に壊れた”という意味になります。

別の例は、手掛かりです

“パーティクルの旅が問題につながる(9)”

which clues QUEST+IONS. Here the split is at “leads
to”. (This is allowed because the ワードプレイ leads to the 定義. It can’t
just be an arbitrary word.)

これらの部分は省略されることもあります。略語については以下で説明します。

逆転

逆転手がかりでは、単語の全部または一部が逆転されます。これは、反転または左方向を示唆する単語で示されなければならない。一般的な指標には、「背中」、「転倒」、「左」、「送り返される」、「革命的」、「反転」などが含まれます。

逆転手がかりのいくつかの例は次のとおりです。

円を貯水池に戻す(4)

     

シェイクアップスムージーとケーキを左に2つ、

     

いくつかの家禽で後方の召使を清掃する(8)

cluing POOL<, DESSERTS<, and
(FRES<)+HENS. Note that clue types can be combined,
as in the last one.

抽出

In 抽出, pieces are taken from the clue itself. There are a few
different types: the most common one is the acrostic, where a clue
spells out its answer with some of the first letters. For
instance:

旅行者はお母さんとお父さんを最初に見過ごした(5)

clues NOMAD. The 定義 is “traveller”, and “at first”
tells you to take the first letters of the previous words.

抽出手がかりは、単一の単語にのみ適用することもできます。例えば、ヒント:

ブタの頭と花についてのスピーチ(5)

P + ROSE を手がかりにすることができます。

他の手紙を取る手がかりもあります。例えば、「足」と「尾」は最終的な文字(「馬の尾」→ E )を、 O
)。また、「奇数」や「偶数」という言葉を使用する手がかりもあります。あなたはそれをもっと複雑にすることもできます:

地元の困惑者は “死ぬ、祭壇の馬!”両方の足が切れている(4,2’4)

RAN(ts)D(すなわち)ALT(ar)HOR(se)の最後の2文字(「両足」)を削除した後、
RAND AL'THOR >。

抽出のヒントの別のタイプは、
隠された単語“のヒントです。このタイプは、ヒント内のフレーズ内に隠された単語を含みます。この手がかりの種類を理解する最も簡単な方法は、例です:

一族大使が一種のコラムを隠している(5)

     

チーフ、怒ったら、ゲームを隠す(4)

     

燃えている茂み – 秘密にされたもの(3)

これらの手がかりには、回答単語で示される場所に DORICFIFA
HOT が含まれています。 (「Ambassa dor Ic
higo」など)。この手がかりタイプは他のタイプと組み合わせることができますが、通常はそうではありません。このような場合には、手がかりから完全な単語を抽出する必要があります。

略語

略語 are commonly used in cryptic clues to clue 1-3 letters. There
are many different cryptic 略語 – here are just a few:

  • Roman numerals
  • Chemical element symbols
  • Country codes
  • Phonetic alphabets (“Bravo” → B)
  • Chess notation
  • Point → N, S, E, or
    W (compass points)
  • Carbon → C
  • Velocity → V
  • Street → ST
  • Doctor → MD
  • Pound → LB
  • Love → O (as in tennis)
  • America → US, USA
  • Club → Y (the YMCA’s nickname)
  • Ring → O (shape)

There are many, many more. The Wikipedia page contains a fairly comprehensive
list of them, some of which are region-specific.

コンテナと削除

コンテナと削除 are exactly what they sound like. In a container, one
word (or string of letters) is put inside another. In a deletion,
one or more letters is removed from a string. For instance:

無情に妄想を集める(8)

     

エンターテイナーはテールなしで最も格子があります(4)

     

脳を持つマウスピースについて語った(8)

clue ADDI(-c)TION, HO(-arse)ST, and
RE(MIND)ED. Individual letters or larger strings can
be added and removed. 逆転 and other more complicated clues are also
allowed – for instance, REMINDED could have been clued
as “DENIM backwards, without E, inserted
into REED“.

コンテナは、典型的には、「約」、「周り」、「周囲」、「外側」、「内側」、「有する」、および「保持された」などの言葉で締め付けられる。文法上、コンテナの手がかりは、どの単語が他の単語の中に入るかを示すはずです。

削除は、通常、「失う」、「取られた(離れた)」、「切断する」、「しない」、「消去された」、および「脱落する」などの単語で分けられる。時には、削除は、文字そのものではなく、取り除かれるべきものの位置を示すことがあります。その場合、手がかりは以下のような単語です

「首をかしげて」、「最初に」、「必要がない」(最初の手紙のため);
  ”短縮”、 “短縮”、 “短くなる”(最後の手紙のため);
  ”無制限”、 “利益率を失う”(両方の文字に対して)。   (中文字の場合)

サウンドの手がかり

There are two common types of サウンドの手がかり: homophones and
spoonerisms. Homophones are exactly what they sound like: they clue
a homophone of the word.

果物の品質レベルの報告(6)

     

有名人が怠け者だと聞きました(4)

これらの2つの手がかりは、 "CARROT""IDLE"
というソリューションを提供します。

ホモフォンは、「聴衆に」、「電話で」、「耳を傾けて」、「彼らが言った」、および「耳に」など、音を示唆する単語またはフレーズで示される。

スプーナー主義の手がかりも似ています。ウィリアムスプーナー牧師の名前を冠した「スプーネリズム」は、フレーズに2つの単語の開始音を入れ替えたものです。例えば、「裸足」のスプーン主義は「詐欺師と乳母」です。このタイプの2つの例は次のとおりです。

スプーナーの陽気な愛好家?彼はあなたを渡します(8)

     

スプーナーのペットが労働者階級のシンボル(4,3)に入る

“メリーファン”の FERRYMAN と “cat flap”の FLAT
CAP
につながります。

スプーン主義は、ほとんどの場合、「スプーナー」という言葉を含むフレーズ、またはまれに大文字の「牧師」を含むフレーズが付いています。

上記の2つの例は The Guardian

アナグラム

Anagram clues are… well, exactly what you’d expect them to be.
They’re アナグラム. Just like all the other clues, they can be combined
with other clue types. There’s only one catch:

アナグラムを作成する文字は、手がかりから直接入力する必要があります。

(Clues in which this doesn’t happen – that is, clues where you
have synonyms leading to the word to be anagrammed – are called
“indirect アナグラム”. They are almost always unfair, and almost never
fun to solve. Many publishers, especially those not in Britain, ban
those clues.)

いくつかのアナグラムの手掛かりの例は次のとおりです。

“Bizarre triangle” – 微積分で使用されるツール(8)

     

才能や狂気を受け入れる(8)

     

グレン(9)の教えと崩壊

答えは INTEGRAL *TOLERANT *
ENLIGHTEN * です。

アナグラムのインジケータは非常に多様です。それには、異常、不完全、適応、調整、扇動、改変、相違、別の方法、周り、アレンジ、アシスト、アソートメント、ひどい(う)、ひどい、ひどく、奇妙な、
href =
“http://bestforpuzzles.com/cryptic-crossword-dictionary/anagram-indicators.html”
rel = “noreferrer”>をご利用ください。

The &Lit Clue

Finally, we have the &Lit clue. It’s sort of an exception to
the “three parts” rule in that the 定義 and subsidiary indication
are one and the same. That’s why it’s called “&lit”:
that stands for “and literally so”. These clues are usually
unindicated, but occasionally given an exclamation point at the
end.

いつものように、いくつかの例:

一番最初の人はアメリカの#2です! (5)

     

キャスト、またはプレイ中のキャラクター! (6)

     

ロシア、ニコライとアレクサンドラの最後の痕跡を廃止して再編成! (4、略)

These answers are ADAM +(u)S(a),
ACTORS*, and USSR(-_i,_a)*. As you can
see, the entire clue is the 定義 and the ワードプレイ.

これらの3つの手がかりは、 2011 MIT Mystery Hunt


ヒントとガイドライン(ソルバーの場合)

  • Words don’t have to have the same meaning in the surface reading
    as in the cryptic reading. Pay attention to homographs that seem to
    be verbs, but are really nouns (or vice versa). “Putter”, for
    instance, could refer to a golf club or “dawdling around”.

  • Don’t look for the 定義 in the middle of a clue. It should be at
    the beginning or the end.

  • アナグラム and hidden words are often the easiest to find. Look for
    those first.

  • Try to find the 定義 and separate it out. If you see “with” as the
    second word, then the 定義 probably isn’t the first word
    only, because then the ワードプレイ would start with “with”. In a short
    clue, that means it must be the last word; in a long clue, it must
    be either at the end or a longer 定義 at the beginning.

  • Bizarre phrasing in the surface usually means the setter was
    constrained in some sense. Figuring out why they were
    constrained to not choose something more natural-sounding may give
    you an idea of what the ワードプレイ actually is.

ヒントとガイドライン(セッター用)

  • Indicator words must always grammatically indicate what they act
    upon. They can act on multiple different pieces, but they can’t be
    separated from the indicator word unless the separation
    grammatically tells you what to act upon. (“Take E
    from TEAR” is okay; “take a bow E
    TEAR” is not.)

  • Many clues rely on ambiguity of what an indicator acts on. Does
    “broken ___ and ___” mean to anagram the left blank, then add a
    synonym for the right blank, or does it mean to anagram both blanks
    and the word “and”? Combining this with a disguised 定義 can make
    cryptic clues difficult without being complicated.

  • Make sure to pay attention to your surface reading. The best
    cryptic clues have a natural-sounding surface reading that is
    completely different from the cryptic reading: what were
    once verbs must be interpreted as nouns and vice versa, surface
    punctuation distracts from the correct parsing of the clue…

  • チャード, double 定義s, and &lit clues don’t need to be indicated.
    Everything else does. If you’re not sure if it’s fair, go ahead and
    indicate it – there’s nothing wrong with adding “with” or “by” to a
    チャード clue.

  • You can safely hide a necessary capital by putting the word at
    the start of your clue, or vice versa. “Apple product” can be a 定義
    for IPAD, MACBOOK, JUICE, or
    SEEDS.

いくつかの一般的な落とし穴:

  • Doing overcomplicated ワードプレイ. You don’t need to clue
    DRAWER as D(RAW<)E + R when you could
    just use REWARD<.

  • Ambiguous reversal and homophone clues. The clue “Celebrity, I
    heard, was lazy” would’ve been ambiguous – the answer could be
    either IDOL or IDLE, and nothing would
    distinguish them except crossing entries.


リソース

Here are various リソース that may assist you in writing, solving,
or understanding cryptic clues:

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です