この論理パズルをどのように解決すればよいですか?

私は論理的思考を改善しようとしており、このパズルの問題に遭遇しました。私は以下のパズルを解決する助けが必要です。

Two weeks ago, four enthusiasts made sightings of objects in the
sky in their neighborhood. Each of the four reported his or her
sightings on a different day. The FBI came and was able to give
each person a different explanation of what he or she had “really”
seen. Can you determine the day (Tuesday through Friday) each
person sighted the object, as well as the object that it turned out
to be?

  • Mr. K made his sighting at some point earlier in the week than
    the one who saw the balloon, but at some point later in the week
    than the one who spotted the kite (who isn’t Ms. G).
  • Friday’s sighting was made by either Ms. Barn or the one who
    saw a plane (or both).
  • Mr. Nik did not make his sighting on Tuesday.
  • Mr. K isn’t the one whose object turned out to be a telephone
    pole.

私はこの問題の背後にある論理を理解しようとしています。誰かが解決策について論理的に考えるのを助けることができますか?

ベストアンサー

セットアップ

私たちは4人(B、G、K、N)、4つの物体(バルーン、カイト、飛行機、電柱)、4日間(火曜日、水曜日、木曜日、金曜日)を持っています。ここには私たちが提供した情報があります:

  1. Kの日は風船の日よりも早かった。
  2. Kの日はカイトの日よりも遅かった。
  3. Gはカイトを見つけませんでした。
  4. 金曜日はBの日か飛行機の日(あるいはその両方)でした。
  5. N日は火曜日ではありませんでした。
  6. Kは電柱を見つけませんでした。

溶液

Kはバルーン(1)や凧(2)や電柱(6)を見つけなかったので、飛行機にスポットを当てたを知っています。また、Kの日は金曜日(1)にすることはできませんので、金曜日はBの日でした(4)。

カイトがK(2)かG(3)によって発見されなかったことはわかっています。
Bの日は金曜日で、カイトは金曜日に発見されなかったので、それはBによって発見されなかった(2)。だから
Nはカイトを見つけた。また、カイトの日は風船の日の2日前(1,2)だから、カイトの日は火曜日か水曜日だったはずです。
Nの日は火曜日(5)ではないので、の日は木曜日(2)、バルーンの日は金曜日強い>(1)。

残りの部分は排除によって得ることができます。要約:

  • 火曜日にGが電柱を見つけた。
  • Nは水曜日にカイトを見つけた。
  • 木曜日にKが飛行機を見つけた。
  • 金曜日にBが気球を見つけた。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です