自主測定挑戦

いくつかのフレーズは両方とも n という数字を参照し、 n
英字で構成されています。私はそのようなフレーズを autonumerigram
と呼んでいます。

例えば、

  • four has 4 letters
  • seven plus seven has 14 letters
  • fifteen times one has 15 letters
  • one followed by six has 16
    letters
  • one before two has 12 letters
  • four before twenty has 16
    letters

挑戦は最も長くそして最も興味深いautonumerigramを発見することです!

この挑戦はもちろん無期限です。私は欲しい緑色の小切手を現在の最長の提出物に授与します(それが安価でないという条件で)。しかし長さに関わらず興味深い提出物をアップフォートしますので、長いものを発見できなければ落胆しないでください!


ガイドライン:

  1. Syntactically, your phrase should be substitutable in
    “__ is n”.

    例えば、 all of my above examples fit this context:

    four is 4
    seven plus seven is 14
    fifteen times one is 15
    one followed by six is 16
    one before two is 12
    four before twenty is 16

  2. Avoid extraneous and cheap additions.

    The phrase eight and nine, maybe does
    have 17 letters, but the maybe is rather
    extraneous and cheap.

  3. Avoid cheap recursion.

    By appending and six to
    four repeatedly, we can create a phrase
    for any number of the form 6n+4. 例えば、

    • four and six and six and six has 22
      letters
  4. Strive for human readability and
    comprehension.

    If an autonumerigram is very long but hard for a human to parse,
    it loses points in my book. (Guidelines may be altered or
    added as the need arises.)

ベストアンサー

非常に面白く、合理的に長いものがあります。

255

第1のプライムは、第0のパワー+第1のパワー+第2のパワー+第5のパワー+それ自身+6次の力に昇格した+それ自身が7番目の力に昇格すると255文字の文字:$
2 ^ 0 + 2 ^ 1 + 2 ^ 2 + 2 ^ 3 + 2 ^ 4 + 2 ^ 5 + 2 ^ 6 + 2 ^ 7 = 255
$

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です