答えがミッションにあったなら、それは何でしょうか?

手がかりを解決して、一言にしてください。 X という単語を呼んでみましょう。

各手がかりから得られた文字/単語を結合し、 X に到達します。

多くの騒音と熱心な眼球がある場所。この単語から最後の3文字を取得します。
  記事。
  私は牛ですが静かです。最初の3文字を入力してください。

X という単語を X1
X2 の2つの部分に分割します。

What would X1 & X2 do
together?

論理的には意味がありませんが、文字通り意味があります。

ヒント1: –

ノイズと熱心な眼球がある場所は「a」で始まります。

ベストアンサー

私の答え:

スペースシャトルミッションSTS-41C

説明:

ARENAS = Places with lots of noise and eager
eyeballs

A = An Article

BEEF = A cow but quieter (because it’s dead)

Putting it all together, we get X = NASABEE. So, X1 = NASA and X2 =
BEE.

In 1984, on the Space Shuttle Mission STS-41C, NASA’s
Challenger space shuttle took bees into space as part of a
Shuttle Student Involvement Project Experiment to study
the honeycomb structure built by bees in zero gravity.

This answer also ties in with the title – If the answers were on a
mission, what would it be? (sounds like bee)

Also:-
It does not make logical sense but makes literal
sense.

Answer:- Honeymoon

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です