各債券にはどのくらい多くの債券がありますか?

私の奇妙な祖父は、才能のある職人であり、ジェームスボンド映画の熱心なファンです。映画がリリースされるたびに、彼は映画の象徴的な特徴をもって、エージェント007のちょっとした物を製作します。彼らは慎重な詳細で作られ、それぞれは目に見えてユニークです。私の祖父は、左から右に、接着剤で接着し、アンティークの木製のボードに沿って並べています。

新しい映画が出ると、フィギュアを作り、それをコレクションに追加します。しかし、私の祖父をとても奇妙なものにするのは、彼らが年代順に並べられていないので、彼らがボード上でそれらを注文する方法です。代わりに、彼は以下に従ってそれらを整理する:

  • (1)映画のスターがキャラクターを描いた回数、
  • (2)James Bondの俳優の誕生日の順序。

これは、新しいフィルムがリリースされたときに、最新のフィギュアの位置が2つの既存のフィギュラーの間にある可能性があることを意味し、その位置の右側にある他のフィギュラーはすべて慎重に取り外して接着剤で再結合する必要があります。

例えば、私の祖父のコレクションは、1966年に左から右に並べられています。

 1. Dr. No (1962; Connery #1)
 2. From Russia With Love (1963; Connery #2)
 3. Goldfinger (1964; Connery #3)
 4. Thunderball (1965; Connery #4)

そして、1967年に Casino Royale
が出たとき、他のコネリー小像のそれぞれを取り除いて新しい位置に再結合する必要があったので、コレクションは次のようになりました:

 1. Dr. No (1962; Connery #1)
 2. Casino Royale (1967; Niven #1)
 3. From Russia With Love (1963; Connery #2)
 4. Goldfinger (1964; Connery #3)
 5. Thunderball (1965; Connery #4)

2017年1月現在、彼のコレクションは左から右に並んでいます:

 1. Dr. No (1962; Connery #1)
 2. Casino Royale (1967; Niven #1)
 3. On Her Majesty's Secret Service (1969; Lazenby #1)
 4. Live And Let Die (1973; Moore #1)
 5. The Living Daylights (1987; Dalton #1)
 6. Goldeneye (1995; Brosnan #1)
 7. Casino Royale (2006; Craig #1)
 8. From Russia With Love (1963; Connery #2)
 9. The Man With The Golden Gun (1974; Moore #2)
 10. License To Kill (1989; Dalton #2)
 11. Tomorrow Never Dies (1997; Brosnan #2)
 12. Quantum Of Solace (2008; Craig #2)
 13. Goldfinger (1964; Connery #3)
 14. The Spy Who Loved Me (1977; Moore #3)
 15. The World Is Not Enough (1999; Brosnan #3)
 16. Skyfall (2012; Craig #3)
 17. Thunderball (1965; Connery #4)
 18. Moonraker (1979; Moore #4)
 19. Die Another Day (2002; Brosnan #4)
 20. Spectre (2015; Craig #4)
 21. You Only Live Twice (1967; Connery #5)
 22. For Your Eyes Only (1981; Moore #5)
 23. Diamonds Are Forever (1971; Connery #6)
 24. Octopussy (1983; Moore #6)
 25. Never Say Never Again (1983; Connery #7)
 26. A View To A Kill (1985; Moore #7)

これは、私の祖父が「昔ながらの方法」と呼んでいる、遅く退屈な手続きであり、彼は最初の映画以来この趣味を維持してきました。彼は年をとって、何年にもわたり、彼がジェームズ・ボンドの人形をボンディングして再結合したことを何回も忘れています。

私は Dr。
(1962)のフィギュアは、最初のジェームズ・ボンドの俳優の初登場であるため、一度だけ結合されました。私の祖父の注文方法では、それの前に立つことはできません。

リリースされた第2回ボンド映画は、ロシアとの愛から(1963)でした。その対応するフィギュリンは2番目に細工されましたが、ボードの左側から数えると、現在は8位になっています。最初に製作した時に一度縛られた後、他の6人のボンド俳優のそれぞれが最初の映画を持っていたときにはいつも追加の時間がついた。

祖父がそれぞれのジェームズボンドのフィギュリンを何回貼り付けていますか?

ベストアンサー

他の答えは正しいが、私は以下の方法が債券の数を計算する最も簡単な方法だと思う。

Here is the final ordering:

 1.  Dr. No (1962; Connery #1) 1
 5.  Casino Royale (1967; Niven #1) 1
 7.  On Her Majesty's Secret Service (1969; Lazenby #1) 1
 9.  Live And Let Die (1973; Moore #1) 1
 17. The Living Daylights (1987; Dalton #1) 1
 19. Goldeneye (1995; Brosnan #1) 1
 23. Casino Royale (2006; Craig #1) 1
 2.  From Russia With Love (1963; Connery #2) 7
 10. The Man With The Golden Gun (1974; Moore #2) 4
 18. License To Kill (1989; Dalton #2) 3
 20. Tomorrow Never Dies (1997; Brosnan #2) 2
 24. Quantum Of Solace (2008; Craig #2) 1
 3.  Goldfinger (1964; Connery #3) 11
 11. The Spy Who Loved Me (1977; Moore #3) 7
 21. The World Is Not Enough (1999; Brosnan #3) 3
 25. Skyfall (2012; Craig #3) 1
 4.  Thunderball (1965; Connery #4) 14
 12. Moonraker (1979; Moore #4) 9
 22. Die Another Day (2002; Brosnan #4) 4
 26. Spectre (2015; Craig #4) 1
 6.  You Only Live Twice (1967; Connery #5) 16
 13. For Your Eyes Only (1981; Moore #5) 11
 8.  Diamonds Are Forever (1971; Connery #6) 16
 14. Octopussy (1983; Moore #6) 11
 15. Never Say Never Again (1983; Connery #7) 11
 16. A View To A Kill (1985; Moore #7) 11
 

I have numbered them in chronological order, from 1=Dr.No to
26=Spectre. For each title now simply count how many others lie
above it in the list and which also have a higher number. These are
exactly the films that were released later and were inserted before
it in the list, and which therefore caused this Bond to be
re-bonded. Add one to this number for the initial bonding, and you
get the total number of times this particular Bond was bonded.
For example: The Man with the Golden Gun is #10; the numbers #17,
#19, #23 are the only three higher numbers that lie above it, so
this Bond was bonded once, rebonded 3 times, for a total of 4
bondings.

What you are actually counting is the number of inversions of this permutation (plus
1 each for the initial bondings).

Note that I am not sure of the two 1983 films #14, #15. If they
were released in the opposite order, their numbers swap and then
Never Say Never again needs one extra rebonding.

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です