レイジーラリーとポール宿題

1つの晴れた金曜日、レイジー・ラリーのクラスのより厳しい教師の1人が、学生に驚くほど世俗的なポーリングの宿題を与えることに決めました。すべての学生は100人の人と話し、インターネットを使っている時間に基づいて7つのグループに分け、各グループの人の割合を書き留める必要がありました。

そして、日曜日まで心から楽しんだ後、ラリーは自分の感覚に達しました。彼の成績(特に数学では)は、彼が授業に合格するのに十分なほどには高かったので、出かけなければならず、この雨の日に何らかの形でこの宿題を完成させることができました。もちろん、作成された結果を書くことはできますが、教師は自分の人と場所について尋ねるだけの賢さ以上のものだったので、彼は逆効果していると考えました。要するに、この「狡猾な計画」は、彼のような怠け者の子供を成功させるにはあまりにも多くの準備をするでしょう。

He realized that he had to be so subtle that not even his
not-quite-undeserved bad reputation would get in the way, so he
couldn’t get it done without getting out and talking to actual
people. After he was finished with it, his homework read like
this:

0〜1時間…… 1〜2時間…… 2〜3時間…… 3〜5時間…… 5〜6時間… …. 6
– 7時間….. 7 +時間
… 8%………………. 12%…. …………..
20%…………….. 24%…………… 22%……………
10%…………….. 4%

The next day, the teacher looked at it for a minute and gave him an
F, to his surprise. What did she notice that was wrong?


Notes:

  • グループごとに下限が適用されますが、上限は適用されません。たとえば、1日2時間を過ごしている人は、2番目ではなく3番目のグループに属しています。

  • ラリーのクラスには15人の学生しかいません(自分自身も含めて)。

  • 教師は、
ベストアンサー

彼は25人だけに尋ねた。彼のパーセンテージはすべて均等です。 100人の人に尋ねると、すべての割合が均等になる確率は低いです。
(編集:おっと、50人しか聞いてなかった)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です