12歳のサルデーニャ人の奴隷の女の子は、アメリカの最初のバーバリ戦争のどのような要因でしたか?

1798年後半には、サルデーニャ近くの海賊の襲撃で、およそ1000人が捕獲されました。ほとんどが女性と子供です。これらの新しく買収された奴隷のうちの1人は12歳の少女で、アメリカ初の外国戦争ではどんな役割を果たしましたか?最初のバーバリ戦争。

ジェームズ・マディソン国務長官は彼女を二度言及している。

Jacob WagnerのJames
Madison、1801年9月7日

それは特異なテクスチャです。シチリア伯爵の祖母の身代金を払うことも義務付けられないことを願っています。その歴史は20日の手紙で与えられます。

James MadisonからGeorge
Davis、1803年12月26日

イートン氏が身代金を払ったサルデーニャ婦人の個人的な主張である場合、4チュニスのリージェンシーを代表することを慎重に棄却するか、あるいは米国が彼女を条件で保持する権利または主張を有すること奴隷のイートン氏が彼女の身代金を公に告げることができるかどうかは考えられておらず、そうしようとしていることは知られていません。しかし、もし彼らがそれにチャージできるならば、彼女の人の処分に関連した請求を強制する政府のもの。したがって、イートン氏の友人、または代理人があなたに何らかの措置を講じること、そして払い戻しを確保するために何ができるかは、あなた自身の判断によって決まります。

ベストアンサー

To summarize, the basic involvement of Anna Maria Porcile was
that, as an enslaved individual whose family was too poor to buy
her freedom, she was taken in by the then US consul in Tunis,
William Eaton. He first ‘guaranteed’
her purchaser’s debt, giving her family 6 months to pay for her
release, but when they failed to be able to do so, he borrowed the
approximately $5,000 dollars from a local merchant, Unis bin Unis,
to gain her release. This debt was added to other debts he had
accrued while trying to appease the local ruler, the Bey of Tunis,Hammuda Pasha, and supporting his
plan to back Hamet Caramelli in a coup to replace
his brother the current Pasha of Tripoli, Yusef Caramelli. This outstanding debt
was later used as leverage to remove Eaton as consul when Commodore
Morris entered Tunis and was confronted by the Beys minister and
the creditor Unis over the amount owed. The Bey asked Morris to
remove Eaton as consul, asking for him to be replaced with someone
“with a disposition more congenial to Barbary interests.”3

イートンは1803年3月3日に領事として撤去されたが、後にハメットの権力を握る計画を支持した後、この地域に戻るだろう。彼は8人の海兵隊員と500人の傭兵とHametの支持者とともに、
Dernaの戦いは、最終的な行為で、トリポリのパシャに平和条約に署名し、捕虜となった船員たちを
href = “https://en.wikipedia”から降伏させた。
org/wiki/USS_Philadelphia_(1799) “rel =” nofollow noreferrer
“>フィラデルフィア

だから彼女の存在は戦争には些細なものではあるが、奴隷から彼女を救っている間にイートンが亡くなった借金は、外国の土壌に対する米国の最初の行動に対する彼の可用性をもたらした領事のポストからの彼の撤去に寄与した(そして、土)、Dernaの戦い。


ソース:

バーバリー・ウォーズについて書かれた書籍と、関連するアクションがあり、その中には以下のものがあります:

(この情報源は、借金は34,000であったと主張しています.Gloria
を7000ドル、その他の財産を5000ドルで売ってイートンを12,000上げ、Morrisは$ 22,000を差し引いた)


(2005年から、ポルシール女の子について議論しているいくつかのページがあり、借金総額は22,000であったと主張している)


2017年の最近の本には、22,000ドルの金額に含まれる金額の詳細が掲載されています。

  • Sapitapaへの賄賂は10,000ドル
  • Porcileガールの$ 5,000
  • アンナマリアの未貨物の$ 7,000

  • THE UNITED STATES AND THE BARBARY STATES
    , An extensive article in the Atlantic Monthly, VOL. VI.,DECEMBER,
    1860., is essentially an overview of the events and includes some
    good background concerning the attempts at appeasement and Eatons’
    actions at the time.

Other ソース:

これらの出来事に関する情報を関連付ける多くの米国の公的記録があり、チュニスの領事の間に経費の償還を試みているイートンズの継続的な試みについて:


1834年に出版されたこの記事には、ポルシールの少女を含むチュニスでの経費に関するイートンの主張に関する議会と国務省の議論に関する多くの手紙が掲載されています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です