メーリングの統計情報から特定のリンクを除外する方法

私はCiviMail経由でニュースレターを送り、その中にGoogleフォントを読み込むためのスタイルリンクがあります。
このリンクは、メーリングリストに多数のヒットをもたらしますが、私にとっては関連性はありません。
この特定のリンクをメーリング統計レポートから除外する方法はありますか?

ベストアンサー

私は、電子メールでリモートでWebフォントを使用できることを知らなかった(または、私には起こっていなかった)。あなたがこれに近づく方法をいくつか紹介します
– 一つを選んでください! (以上。)

記録されたデータを変更する

「訪問」レコードはDBテーブル
civicrm_mailing_event_trackable_url_open に格納され、URL自体は
civicrm_mailing_trackable_url にあります。一致するエントリを
civicrm_mailing_event_trackable_url_open
から削除すると、レポートの上部にある数字がゼロになります。

civicrm_mailing_trackable_url
のエントリを削除しないでください。そうしないと、Webフォントへのリダイレクトが機能しなくなり、将来の表示でフォントが破損します。

記録されたデータを変更する (automated)

上記のクエリを取得したら、「クリーンアップ」ジョブを追加してURLが一致する場所(たとえば /.*(css |
woff)$/
)のクリックを削除できます。これはあなたのレポートがきれいに保たれることを意味しますが、クリーンアップジョブは「コード臭い」IMOなので、それは素晴らしい解決策ではありません。

電子メールを変更する – フォントを埋め込む

あなたは潜在的に base64でWebFontをメールにエンコードすることができます(これは正しいフォントでそれを見ている人々の数を増加させるはずです)。リモートリクエストは完全に削除されますが、飛んできたメールでは機能しません。

電子メールを変更する – フォントを使用しない

それはオプションです…明らかにあなたはフォントを入れようと努力しましたが、これを完全に含めるつもりです:)

レポートから。(woff | css)のURLを除外する

これらのタイプのURLを除外する拡張子を追加して、レポートに表示することもできます。これは悪いアプローチのように感じます(あなたはまだそれらのURLを追跡し、電子メールを遅くし、必要のないデータをDBに埋め込みますが、レポートからデータを隠すことになります)。しかし、それは可能であり、コアに修正を加えることよりも少ない可能性があります。

CiviCRMを変更する – クリック可能なURLのみを追跡する

CivicCRMは任意のURLパターンを追跡しているようですが、civicrmは/['"]
https?://(。*)['"]/
のようなものを探していますが、
リンクのために。あなたはこれに関するいくつかのデータを集めて機能リクエストを提出することができます。

  • CiviCRMは電子メール内のすべてのURLにリンク追跡を追加するのでしょうか?
  • CiviCRMはリンクトラッキングを <link href = "style.css" rel =
    "http://example.org/style.css">
    に追加しますが、

    ? (たぶん、Civiを混乱させるhref =でしょうか?)

  • …たくさんの質問をしたり、改善案を提案したり、他のユースケースを検討したり、それを実現するのに役立ちます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です