石田さんの冗談はどこから来たのですか?

石田は第1パネルの第1巻第2章37ページの Koe no Katachi にこう言った。

耳に「H」がないので

石田はそれで何を意味しますか?彼の先生も笑った。その冗談は面白いですか?

インドネシア語版では、彼は言った(私はGoogle翻訳を使って英語に翻訳した)

彼女の耳は経経で書かれていなかったので

この文脈でのSutraは、BuddhaまたはHinduの宗教を指します。

翻訳には何がありますか?インドネシア語版翻訳は本当の文章ではありませんか?正しいのはどれですか?

Koe no Katachi chapter 2

ベストアンサー

ここに日本語のオリジナルページがあります:

Vol 1, page 102

パネル1
  耳[みみ]にお経る[きょう]書きます【かき】忘れて【わすれ】たんだよ!
  (彼女の耳は経経で書かれていなかった!)

     

パネル3
  耳【みみ】なし芳一【ほほいち】?   (Hoichi the Earless?)

第3パネルでヒントを得たように、耳に浮かんだホイチの話を参照しています。関連する要約:

ホイチは幽霊に迷惑をかけられていたことを知り、司祭は彼の友人をさらに欺くことを誓った。
彼はホイチの身体をハートの漢字で描いて保護し、幽霊の聴衆から呼び出されたときに静かで動かないように指示しました。その晩、侍は以前と同じように穂高を求め、何の反応もなく怒った。
幽霊様の武士が湖井に近づきましたが、耳以外は見えませんでした。経典は、残りのホイチの遺体を見えなくしました。彼の命令に従うことを試みると、利用可能だった唯一の部分であったという証拠として、ホライチの耳を裂いた
     

幽霊の拘束者が去った後、彼の頭の傷口から血が噴出したにもかかわらず、ホイチは依然として反応するのが怖かった。司祭が帰ったとき、彼は霊に傷ついたまま残っていたというホイチの耳に経経を怠っていたことにうんざりしていました。彼の怪我にもかかわらず、ホイチの苦難は彼を精神の力から解放し、彼は彼の傷から回復し、有名なミュージシャンになった。

     

(Emphasis mine)


私はインドネシア語版が翻訳に忠実であることを試みたが、彼らがこの話についてのヒントを提供しない限り、残念ながら翻訳が失われてしまった。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です