実際に聴覚障害者の声は、甲斐の家ではどうですか?

ベストアンサー

1.実際にどのようにろうがショウコですか?

実際には、この質問。さて、あなたの質問に答えたのはちょうどその一部です。しかし、上記の質問にあなたの状態から議論する新しいトピックが出てくる。しかし、あなたの質問から派生する議論の別の話題があります。

まだ子供でなかった場合は、   聴覚は今までShoukoが
  彼らが十分にゆっくり話すときにはっきりと人々を理解する? 私がいない場合
  間違い、聴覚の種類によっては、   聴覚能力の再生を薬剤を介して刺激し、
  臨床介入、または時には介入なしでも。

さて、これは事実ですが、32.5章では、祖母がおばあちゃんと手話を良くするために多くのことを実践しているシーンがありました。彼女はゆずるのためにこれをやっている。柚子が翔子と声で対峙するページです。
(右から左へ読む)

Page 1-2 enter image description here

少子:ウユウ!(ゆずる!)…ああ(???)

     

ゆずる:他人の前で話すべきではないと思います。

柚子が彼女に語ったことは(何とか)翔子の発音と手話の改善に動機づけたので、他の人にはそれほど悪くないように思える。あなたは祖母と多くの練習をしているのを見ることができます。祖母は祖母と手話を学んでいたが、お互いに直面していることが分かった。その背後にある理由は、普通に話す人と唇を読んで特定の言葉をどのように発音するのかを理解することを学びたいと思うからです。それらの実践の結果は、3ページに見ることができます。

page

ここでは、時間のスキップ後、彼女はほとんど「ゆずる」と言うことができます。彼女の発音は大きく改善されました。彼女は何を言っているのかをほとんど理解することができますが、それは文法的に正しいものでも発音的にも正しいものでもありません。

6ページ目では、祖母と同じように、ユズルとJSLを練習しているのを見ることができます。

enter image description here

あなたの質問に答える

そう、Shoukoは常にそうであったと仮定しても安全ですか?
  彼らが十分にゆっくり話しているときに人々を理解する?

観覧車のシーン(第27-28章)では、上野はゆっくりと話すと言っていて、彼女は彼女が何を言うのかを理解することを彼女が確認すると言った。

enter image description here

問題は、少子は本当に上野のことを理解していたのですか?

第28章では、上野の手紙を書いています。このシーンは、観覧車のシーンの直後に起こった。もしも、上野が観覧車で何を言ったのか分かりませんでしたが、彼女はその手紙を書くのが難しいとは思っていませんでした。

enter image description hereenter image description here

彼女の手紙の内容は第44章、11-12ページでご覧になれます。その手紙の内容は、当時の上野との翔子の​​会話に本当に合っています。

enter image description here

これを踏まえれば、小国は観覧車で上野のことを理解していたと言うのは間違いありません。

2。なぜ彼女は1つの補聴器しか着用していないのですか?

正式には明らかにされていませんが、まだです。私はそれが明らかにされているかわからないが、ユーザーが同様のことを論じているMALフォーラムトピック

私は誰も答えを知っていないことに驚いています
  フェルト。映画の真ん中付近には、少女とのシーンがありました。
  彼女の祖母は医者と話す。その場面の後、翔子
  1つの補聴器を外して泣いている。これは基本的には
  Shoukoは1つの耳で聴力を完全に失った。だからこそ彼女
  もはやその耳に補聴器を使用しません。

私はアニメを見ていないので、これが真実であるかどうかを証明することはできませんが、漫画版では、なぜShoukoが1つの補聴器しか使用しないのかは何も言及していません。翔子と祖母が医者と話していた漫画のシーンがなかったので、漫画とアニメ版ではちょっと違うと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です