リュックは生涯の終わりにミサの名前をデスノートに書く必要がありますか?

死のノートルールLXIVは次のように述べています。

死神は最初の所有者の死を確認する義務があります。
  彼/彼女の死のノートにその人間の名前を書き留めてください

Misa was the first human owner of the Death Note that
was brought into the human world by Rem.
Misa then gave up
this Death Note, and then picked it up again later, and this time
the Shinigami owner was Ryuk (Light made him and Rem switch
notebooks). Obviously the responsibility of killing Misa would
normally be Rem’s, since she was the first to “drop” that DN in the
human world. But then Ryuk also “dropped” it after he got
ownership of it, and Misa “picked it up” and became the owner for
the second time. Rem is dead, so she can’t kill Misa. Does this
mean that the responsibility transfers to Ryuk?

私はミサが自殺しようとしていたようにアニメが見えることを知っています。そして、彼女のアイデアのようにも見える –
私は真剣に彼女が彼女のすべてのトラブル(
“死のおばあちゃん”の装いと華麗な化粧、光が死んだ場所への旅など)を通過させてしまうのではないかと疑う。しかし、私たちは実際に彼女の死を見ることはありません。彼女の人生は彼女自身の意図のために終わりそうになったので、リュクは彼女を殺す人ですか?

誰もがこれをクリアするかもしれない漫画、クリエイターの解説などの何かを知っていますか?

(ルールはwikiのものです。 http://deathnote.wikia.com/wiki/Rules_of_the_Death_Note

ベストアンサー

このルールは、死の神々が自分たちの世界に帰ることを許されているケースを述べるルールの拡張です(具体的には、「How to
Use:LXIV」の第2部です)。

これらのルールの1つは、以下で始まります。

以下の状況は、死のノートを人間の世界にもたらした死の神が死の神の世界に戻ることを許されている場合です。

リュウクがミサの死のノートを所有していたのは事実ですが、彼は人間の世界に持ってこなかったので、ミサの場合、そのルールは彼には当てはまりません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です