なぜ大人のアニメは、米国の大人のアニメーションよりもコメディである可能性はあまりありませんか?

This video explains why US adult
animation is almost always comedic. US animation studios
transferred their efforts to television in the years following
Hollywood’s anti-trust case (which meant future shorts were less
likely to be assured of theatrical releases), but this was only
cost-effective if the animation style was simplified and the
content made child-friendly enough for extensive ad-heavy re-runs.
With the exception of a 1972 series, adult TV animation waited
until The Simpsons. Although this series was a risky
investment, lessons learned from its rapid success allowed a
transition from expecting adult animation to be unviable to
expecting it to be viable as long as it was comedic, preferably in
a sitcom format.

明らかに、大人のアニメは非常に異なる状況にあり、何十年も続いています。 (リストは、ここを参照してください)。要するに、理由は上記の歴史的要因は、米国の歴史の独特の詳細であること。映画やテレビの両方の日本のアニメーションの歴史の同様の概要は、現代を含め、結果として生じた多様な大人のアニメとはまったく異なっており、意味をなさないでしょう。

だから私の質問は:その歴史の重要な詳細は何ですか?
(ここでは不適切な質問の場合は、代わりにHistory.SEに移動する可能性があります)。

要求された明快さのための編集:私は性的または暴力的な内容の特定の含意なしに成人ターゲットの聴衆と働くことを言及しています(これらは場合によってはうまくいくかもしれませんが)。

ベストアンサー
申し訳ありませんが、適切な答えはありません

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です