Őőőőőőő、そこにいますか?

説明

unicodeを使って世界中のさまざまなスクリプトで書くことがより良くなってきていますが、emojisでも書くことができます。残念ながら、ほとんどのフォントにはまだラテン文字がありません
[citation needed]
ハンガリー語で正しく書くために必要な2重の鋭いアクセントに基づいています。

これらの文字は、次の4つです。

  • U + 0150大文字の大文字(Ő)
  • U + 0151ラテン小文字のダブルスラッシュ(ő)
  • U + 0170ラテン文字大文字U(二重)
  • U + 0171ラテン小文字Uを二重に(ű)

仕事

Your 仕事 is to write a program/script/function, that given a font
or a font’s name gives out a truthy value in case the font contains
all of the four glyphs described above, or a
falsey value if at least one of them is missing from the font.

スコアリング

これはコードゴルフであるため、バイト数が最も少なくなります

テストケース

These fonts are from Google Fonts. Note that some fonts on Google Fonts (for example
Lato) have an updated version on other sites which already contain
the missing glyphs, if you have the updated ones then obviously
your results might be different from the テストケース below.

真実の価値:

Roboto
Open Sans
Lalezar
Source Sans Pro
Arial
Times New Roman
Cinzel

虚偽値:

Voltaire
Rosario
Heebo
Bitter
Arvo
Lato (see note above)
Molengo (contains ű and Ű, but not ő or Ő)
Sue Ellen Francisco (contains only the uppercase variants)
Germania One (contains only the lowercase variants)
Garamond (the one installed on OSX by Office for Mac)

ノート

  • パラメータや実際のフォント(またはシステム上のフォントの位置)としてフォント名が必要なプログラムの場合は、あなたの責任です。
  • フォント名であれば、その名前で登録されているシステムフォントをチェックする必要があります(たとえば、
    "Arial"
    を指定すると、システムのフォントレジストリにArialフォントを使用する必要があります)。
  • >

  • "/ home/user/Arial.ttf"
    を指定した場合など、同じ名前でシステムフォントが登録されていても、
    Arialがシステムの店舗に登録されていてもそのフォントを使用する必要があります)
  • 上記のGoogleフォントは、テスト目的でフォントをダウンロードできる便利な場所ですが、コードではこれらのフォントを使用する必要はありません。
  • プログラムが特定のフォントタイプ(例えば、
    TTF、OTF、WOFF、SVGフォント、Type1、Metafontなどがあります。しかし、上記の4つのグリフと欠落グリフの一般的なサポートを持つフォントフォーマットをサポートする必要があります。答えが常に虚偽または真実になるような書式を選択することはできません。
  • フォントによっては、フォントファイルにまったく指定しない代わりに、偽の値(たとえば、置換ボックス)に誤ってハードコードされた上記のグリフがあるフォントもあります。あなたのコードでは、偽のグリフと実際のグリフを区別する必要はありませんが、それに基づいてチェックを行うこともできます。

フォントをどのように渡す必要があるのか​​、どのような種類のフォントを使用するのかを回答で指定してください。

ベストアンサー

Scala、56バイト

s=>new java.awt.Font(s,0,0).canDisplayUpTo("ŐőŰű")<0

canDisplayUpTo is a method of the Font object that
returns the index of the first charater that cannot be displayed by
the font. It return -1 if all characters can be displayed. javadoc

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です