仲間間結婚?

それはルールではありませんが、Ninjasは彼ら自身の一族の中で結婚して、ケッケイ玄海を保つために、あるいは血液ラインを維持するために(ウズミキ)スタンダードに見えます。
(これは、港港と釧路の場合のように依然として壊れている可能性があります)。

しかし、最後の章では、「Konoha
11」の忍者は、NarutoとHinata(うずまきとひょうが)やShikamaruとTemari(奈良と砂)のような、彼らの一族の外で結婚するようです。私はこれがファンサービスの章であることを理解していますが、なぜナルトの世代の忍者のどれもがイン・クランと結婚することを決断した宇宙の説明はありませんか?

ベストアンサー

兄弟がそれぞれの一族の中で結婚して、彼らのケッケイ玄海が家族に残ることは事実です。しかし、すべての国が互いに戦争していた時代の頃でした。
Hashirama
Senjuが隠れた村にすべての尾の獣を配布することを決めたら、(悪い人の)大部分の注意は、血縁の限界技術を得ることから尾の獣を得る/制御することに変わった。

また、interclan結婚の場合、その子孫が彼/彼女のBloodline
Limitを目覚めさせることは確かではありませんでした。綱手の両親であって千住半分、うずまき半分はごく少数しか知られていなかったので、両者の両親の場合は明らかだったが、彼らが忍をしていないことは確かであった。

インタークランの結婚をしないというコンセプトは、国家が戦争していて、一族/一族にしかない独特の技術を持っていれば、彼らの国が敵より優位に立つことを意味しました。キミマロの一族のように。しかし、すべての子孫が彼らの血統の限界を目覚めさせられなかったことが明らかだったので、interclanの結婚は頻繁に開催されました。

Uchihaの場合、Uchiha内で結婚するための決して決してなかった。彼らのケッカイ玄海は目を覚ますのが簡単ではなかったので、偉大な忍の忍の子孫であっても。一族の外から誰かがSharinganを目覚めさせても、体に多大なダメージを与え、最終的には死に至るでしょう(カカシの場合、Margher
Sharinganを使ってGaaraを救った後1週間は麻痺しました。
Kaguyaの円弧Obitoの終わりまでに彼は彼のSharinganを制御するのを助けたが、それはすぐに彼のスタミナを排水)。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です