コナンはどのようにアニメのウォッカとジンの名前を知っていますか?

私はアニメを何度も見ていましたが、名探偵コナンの最初のエピソードでは、ウォッカとジンの名前は決して言及されませんでした。しかし、後にシリーズが続き、シリーズに登場する前の彼の名前を知っているように見えます。

ベストアンサー

Conan never learned about their codenames in the anime
due to the plot modification, which makes a big
plothole
.

Detective Conan World’s Wiki
stated:

The first season of Detective Conan rarely featured the Black
Organization because the anime writers wanted to downplay their
presence. Two of the episodes at least, were altered heavily in
light of this:

  • Episode 5, The Shinkansen’s Bomb Case: The
    episode replaces the two men who shrunk Conan with lookalikes
    unrelated to the Black Organization. In the manga version of this
    case, Conan runs into the real pair and learns their code names
    (Gin/Vodka in the Japanese Version, Melkior and Kaspar in the
    English Version). Their replacement creates a continuity error in
    Episode 54, Game Company Murder Case. Conan
    recognizes their code names when Tequila speaks to them, yet Conan
    never learned their code names in the anime version of events.

  • […]

すでに言及したように、マンガ版では、コナンは最初に “新幹線の爆弾事件”(vol
4、ファイル4-6)でコードネームについて学び、電車の中を走った。

first meeting

そこでは、Agasa教授のマイクのバグガジェットを使って、会話を盗聴し、コードネームのGinとVodkaについて学びました。

codenames revealed

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です