1955年のF-1ロケットエンジンの計画使用

サターンVの最初の段階で使用されたF-1エンジンは、依然として最も強力な液体燃料ロケットエンジンです。
F-1の開発は、1955年に米国空軍によって非常に早くに開始された。
1958年に空軍は最終的にF-1の開発を中止したが、そのような大型エンジンの必要性がないため、最近開発されたNASAは開発を続けることにした。
F-1エンジンがなければ、有人月着陸は不可能だったでしょう。

1955年の開発開始時にF-1エンジンの使用計画はどのようになったのですか?

初期の有人宇宙船に使用されたいくつかの推力の数:

F-1エンジンの推力6,770 kN、アポロと月(5エンジン)
ボストン第1号機の有人飛行に使用された4,795kN サブハーバル有人飛行に使用されるMercury-Redstone 350
kN
軌道上の有人飛行に使用される水銀 – アトラス1,880 kN
Titan II 2人の宇宙飛行士による軌道有人飛行に1,900 kN使用

(ロケット用には、発進時に全エンジンの総推力が必要です。)

ベストアンサー

It seems it was, essentially, a hedge. The best history of the
F-1 I know, “The Saturn V F-1 Engine” by Young,
states

空軍はそのような   エンジン、この先進的な軍事部門は、おそらく
  近くに100万ポンドの推力を持つエンジンが必要です   未来。

(43ページ)

この1955年の契約はフィージビリティ・スタディだけであったことに注意してください。

1958年6月まで、ハードウェアの予備的な開発のための契約が締結されました。さらなる契約は「成功したデモンストレーション・テスト」に依存するだろう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です