ゾロの第三の剣は実際にどのような目的を果たしますか?

ゾロは、基本的に彼の一生のためにサントゥルーと訓練し、この時点でそれを完全に完成させました。しかし、戦闘の観点から見ると、実際に効果的なダメージを与えるためには、剣で十分なレバレッジ/サポートを得るのはかなり難しいでしょう(少なくとも、ハキなし)。これはまったく古典的なケースではないが、これは人々に魔法の力を与える果実を持つ幻想的な世界なので、ゾロは第3の剣を効果的に使用するのに十分な首を持つことができる。

私たちは彼が戦うのを見る時代、ほとんどの場合彼の2本の剣でしか手に入りませんでしたが、実際には3度目の剣では何もしません
。我々はしばしばオニギリや他の大きな仕上げの動きを終えた後、黙示的なストライクを見ます。

Nitoryuはほとんどの状況でSantoryuと同じくらい効果があるようだ。彼の3番目の剣は、通常の戦いで何をするのですか?それは彼のスタイルがそれに蝶番をつけるためにとても重要ですか?
3回目の剣はタイムキーピング後の通常の戦闘でより有用になりましたか(それが含まれていれば明らかにもっと有用になるでしょう)か、それとも基本的に同じですか?

ベストアンサー

Zoro’s Third sword serves a critical and
crucial purpose in his ability to use the “Three Swords Style”
which is exponentially more powerful. The synergy between the
multiple swords is what makes his sword style more complete and
usable in an effective form. The difference lies in “between using
(just) three swords and three sword style“.

Detailed: For us to understand the use/purpose
of Zoro’s Three Swords you’ve to assume that One Piece exists in a
separate universe and our understanding of things are not the same.
This simple assumption allows us to remove a bias when trying to
explain “Fantasy Universe Physics”

若い頃から、ゾロは自分の年齢をはるかに越えて相手を救うことができる不自然な力を持っていることが示されています。彼は2本の剣を使用していましたが、2本は2本でした。しかし、九菜への千の闘いで最善を尽くせば、彼は再考しました。彼女の死を記念して、彼は最も強力な剣士であるという両方の夢を実現するために、彼の主な武器の1つとして剣(Wado
ichimonji)を使うことに決めました。この目的のために、彼は剣を使用するのに必要な強度、精度、柔軟性を得るために、口と首を極​​限まで訓練しました。

Now since no one else has been shown to use Santoryuu in OP
universe, I think we can safely assume Zoro invented and developed
the style and its techniques while growing up. This chapter front
page shows how his juniors are trying to imitate and learn his
style in his old Dojo Source: Chapter 807: Cover page
Zoro's Old Dojo[1]

今、この実行可能なゾロの努力とトレーニングは、包括的な
“スリー・ソーズ・スタイル”とも呼ばれるSantoryuuを開発するためのものです。彼は3本の剣を使っているだけではなく、3本の剣の
“相乗効果”を利用して、1本か2本の剣では使えない技能と能力を得る。これはニャニヤン兄弟との戦いでゾロ自身が早い段階で説明しました。

我々はワンピース全体でこれの多くの例を見てきました。ゾロはニャン・ブラザーズと戦う能力を話しています。ミホークが攻撃をブロックしたり、新しい動きをマスターしたりしたときの彼の驚きです。
(ポンドキャノン、アスラ等)

enter image description here

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です