これらのアニメを制作したスタジオが破産した場合、特定のアニメにはどうなりますか?

Crunchyroll/Funimationは、世界の神だけ知っている、ハヤテのゴトク、ガンスタ、デッドマンワンダーランド、エルゴプロキシのようなアニメをライセンスしていた。これらのアニメはすべて、
ManGlobe スタジオで制作されました。

But unfortunately, the production house, ManGlobe, who take responsibility on
making the animation of these anime has gone bankrupt.

他の地域のために流行り/娯楽のようにライセンスされていたアニメシリーズはどうなりますか?それらも削除されますか?

あるいは両者から最初に合意された契約書/契約書に従わなければならないのですか?

ベストアンサー

ロングバージョン:

現代のアニメの権利所有者は、ほとんど常に制作委員会であり、私は通常「制作パートナーシップ」と翻訳しています。

これは、他のスポンサーとリスクを分けながら、アニメに資金を提供するために設定されたパートナーシップです。これには、原作、音楽会社、フィギュア会社、広告会社、テレビ局などの出版社のような企業も含まれます。これには、アニメ制作スタジオ自体が含まれる場合もあれば、含まれない場合もあります。いずれにしても、スタジオが存在しなくなった場合でも、プロダクションパートナーシップによって権利が管理されているため、これは外国の出版社との契約には影響しません。

会社が破産したという理由だけでは、必ずしも破産の種類に応じてアニメを制作する能力をすべて失うわけではありません。このようなケースがいくつかあります。あなたが言及したアニメのマングローブは2016年に存在しなくなりましたが、アニメの削除はありませんでした(マングローブは決してパートナーシップを選択していないため、アニメ自体にいかなる権利もありませんでした)。マングローブの破産はギャングスタのBDリリースに影響を与えたようですが、アニメスタジオがディスクアニメを刷新して修正するための一般的な慣行ともっと関連があると思います。

スタジオが倒産し、生産パートナーシップが別のスタジオに入隊して続編を制作するケースがありました。 Strike
WitchesとSakiがこれの例です(Sakiの場合、Studio
Gokumiは元Gonzoの従業員によって設立されたスタジオです)。

ソース(日本語):

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です