小惑星2012 XE $ _1 $$ _ 3 $$ _ 3 $はロケットエンジンの助けを借りて金星の月になるでしょうか?

2012 XE$_1$$_3$$_3$ is an asteroid, classified as near-Earth object of the Aten group that is a temporary co-orbital of Venus.

Venusのラグランジュポイントと L $ _5 $ pointL $ _3 $ point また、 Mercury grazerアース・クロスラー

2012 XE$_1$$_3$$_3$ comes to within 0.05
AU of Earth periodically and will approach Earth at 0.0055 AU on
December 30, 2028.

約62〜138mの直径を持つこの小惑星は、最終的に金星の月になるような方法で、今日のロケットエンジンで軌道を変えることができますか?

ベストアンサー

それが地球と水星に到達すれば、それはすでに金星捕獲のためのデルタ-V要求が希望を超えているように聞こえる。

Venusに近いアプローチをとるならば、Venus支援を使って、太陽の周りの金星と同じ高度で太陽系の軌道を “円形化”し、太陽

金星L4のどこかにアポアシスを持つ非常に細長い軌道に置くことを考えるかもしれません。非精神的なデルタVの予算で。金星の援助の軌道に入るために、地球に対してちょうどいい助けを生み出すための微妙な軽快な動き。フライバイを弱い捕獲に変えるための金星フライバイ中のもう一つの小さなナッジ(その軌道の比エネルギーはすでに金星とほぼ同じですが、1:1共鳴という呪文は全エネルギーの変化が本当に小さいでしょう)私たちは終わった、金星は非常に偏心軌道の月を取得します。私たちは、より安定した、より低い軌道に入るために数十年の空気吹き出しを与えるために、周皮を少し落とすことさえできました。

概念はこのようになります(明らかに、すべての寸法は誇張され、目玉が付けられ、一般的に間違っています;それは細部ではなくアイデアに関するものです)。

enter image description here

軌道の赤い部分は、最初に地球に対して、ちょうど正しい金星に対してフライバイを作るための小さな弾道調整です。その後、金星に対して
– 金星が水星に向かってではなく、軌道を
“外向きに”旋回するのを助けるので、エンジンは逆行して小惑星が金星の重力から逃れるのを防ぐ。これは、小惑星を金星軌道に置きます。
L4は有益な目的でマークされています。実際にはこの操作では何の役割も果たしません。

残念なことに、Venusはそれほど便利ではありません。

If $2012 XE_{133}$ passes the Venus orbit between L3 and L5,
that means Venus is practically on the opposite side of the Sun
from it, and so, the only thing that could circularize its orbit
there left are rocket engines. And while the value of the
specific energy is about right, the direction of the vector of
velocity associated with the kinetic energy is way off. The entire
circularization into Venus-like orbit would require an enormous,
completely prohibitively expensive burn in direction normal to the
trajectory. And then the asteroid would still need to catch up with
Venus and be inserted into its orbit. enter image description here

だから、申し訳ありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です