セキグチは塾を尋ねられたときに何が恥ずかしいものになったのですか?

第6話では、前回のIgoサッカーのチームメンバーだった大隈が、クラブルームで活動していないことに飽きてきているシーンがあります。会話は次のようになります(左から右へ読む):

Daiku: And you'reno fun, Sekiguchi Daiku: Don't you go to cram school, Sekiguchi? ... Sekiguchi with embarassed f ace Daiku: You're joking

Daiku:まあまあ、皆は彼らが学校に寝ていたと言いました。
  Daiku:そして、あなたはセキグチではありません
  関口は静かに本を読む
  Daiku:セキグチ、塾に行くことはありませんか?
  
SekiguchiがページをめくってDaikuを見て、恥ずかしがりながら静かに本を読む
   Daikuが関口を見つめて
  関口はもっと恥ずかしい
  Daiku:あなたは冗談を言っているよ!

なぜダイクは突然驚いたのですか?

YouTube の関連動画

ベストアンサー

She skipped cram school so that she could stay at the club. When
he, being the last person left, asked about it and she blushed it
implies she has a crush on him and wanted to spend time specially
with him, he realised this and was shocked ~ooh young
love

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です