つきひめアニメが存在しないのはなぜですか?

私は人々が2003年のつき姫アニメの話を聞いてきました。存在しません “、たとえばここおよびこちらをご覧ください。アニメがその時代に偉大な芸術と音楽を持っていたとき、それはなぜなのだろう?一方、Studio
Deenの Fate/stay night
のアニメは存在しないと言っている人はいませんが、それはかなりの批判を受けています。

それで、なぜ築姫アニメはこの憎しみを奪ったのですか?どのように発言が広がり始め、日本の視聴者もこのフレーズをオンラインでエコーしていますか?

ベストアンサー

これは確かにビジュアル小説(VN)をプレイし、アニメの適応のための期待が高すぎるファンから来ている。

いくつかの背景、元の Tsukihime
VNは、日本の同人ゲームにとって非常に大きなヒットとされ、アニメの適応が決定されたときに大きな注目を集めました。
VN自体もグローバルな認識を受けていたようだ。複数のエンディングと多くのバックストーリーで構成されており、 VNDB
に従って30時間以上かかる場合がありますすべてのルート。

意見を控えて、そのアニメはあるキャラクターのルートに基づいて12のエピソードのために放送された:

「Arcueidの真の終わり」

しかし、エピソード数の制限と元のソースからすべての要素を組み込む際に問題を抱えているスタッフのために、重要ではない設定が残っていました。一部の設定や文字の個性も一部変更されました。また、テレビアニメ声優のデビューとして<�燕姫>
を作った声優松本瞳(アニメの声優)をはじめ、さらに、声優のすべては Melty
Blood
とは異なっていました。アニメの前にリリースされていた。

一方、同じアニメのルートに従ったマンガの適応はほぼ同時にリリースされ、
7年間連載された。物語の展開は複数のルートで織り交ぜられていたが、マンガは Tsukihime
Tokohon
Kagetsu Tohya を使用して、元のソースの雰囲気を失います。 obi で書かれた元の著者からの評価の言葉も、 a>。

今、ファンの意見に戻って、彼らがこのアニメの「存在を認める」ことを望まない多くの理由がありました。要約すると:

– Plot development: all over the place, slow pace, wrong focus,
under-/unexplained details, bizarre use of flashbacks
– Bad presentation: too many non-subtle dialogs instead of
actions
– Characters: modified personality and roles
– Visual: too many close-up shots of faces/upper torsos,
stiff/stilted/ motionless, unremarkable action scenes
– Audio: over-the-top sound effects, poor translation & dub

多くの人がスタンドアロンの仕事としては大丈夫だが、アダプテーションとしてはひどいと結論づけた。

興味深いことに、日本のファンもアニメの存在を認めたくなかった。彼らのほとんどは、アニメを「暗黒の歴史」と「アニメの適応はない」と想定していました。彼らは世界中の視聴者と同じ意見を持っていたので、2003年の元のテレビ放送以来普及していると言えるでしょう。


ソース:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です