浦原のバンカイの名前とその能力との関係は何でしたか?

ウラハラキスケのバンカイは、<�観音開きのベニヒメの羅羅>であり、これは<�オカロキテスバラの扉での紅姫の解体の改造を意味する。

その名前は、事実上何か(有機的または無機的)の解剖および再構築の能力に意味または意義があるか?

ベストアンサー

ウィキペディアを引用する

Avalokiteśvaraは、すべての仏の思いやりを具体化した菩薩です。この菩薩は様々に描写され、記述され、女性や男性のように異なる文化で描かれています。

したがって、Avalokiteśvaraの部分は、Bankaiがすべてを何かに再構築する能力に関係しています。

ここで重要なのは、上記の太字の単語です。
AvalokiteśvaraまたはKanonは、この時点から彼女を参照するので、多くの形で知られていました。しかし、それらのフォームはすべて彼女です。

物は異なった名前で呼ばれていますが、物質の原子で構成されています。最も単純なものから最も複雑なものまで、それらは中核にあります。

バンカイの能力は、あるものが別のものになるように問題を再構成することです。あるいは、カノンを使用する場合は、カノンの出現から別の出現に至るまでです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です