21世紀にLEOに到達するために5つのステージを使用するのはいかがですか、特に低質量のペイロードの場合はどうですか?

@ BobJacobsenの

追加のOrion 38モーターを使用してORS-5を赤道軌道に乗せる5段階構成で走行します。

この構成は通常4段階であったが、delta-vが飛行機の赤道LEOを変更するための追加の段階が必要であった。

第5ステージOrion
38モーターが提供する傾斜の変更はどのようなものでしたか? (SensorSat)?

以下のスクリーンショットとブロック引用は、Orbital ATKのミッションアップデート:ミノタウルスIV ORS-5打ち上げ
ORS-5または
“SensorSat”は、LEOに座ってGEOベルトに目を向ける一連の衛星の技術デモンストレーションです。私が意味する疑いのある
“破片”については、いたずらまたは悪化する可能性があります。
ORS-5は600 x 600 kmの赤道上のLEOに座ります。

その質問を参照して、いくつかのリンクの回答をご覧ください。

Question: In the 21st century or thereabouts,
how often are five stages used to put a relatively light spacecraft
into low Earth orbit? Even for a heavy payload, is it quite rare to
use five distinct stages to LEO?


enter image description here

ベストアンサー

20世紀と21世紀の5つのステージは非常にまれです。現代の発射装置のほとんどは2段軌道であり、場合によっては静止軌道への移行のための第3ステージ、または第1ステージと同時に発射された追加ブースターが、積載能力を向上させる。

Any 4- or 5-stage LEO launcher is almost certainly going to be
based on solid rockets as opposed to liquids. The delta-v for a
given launcher stage is directly proportional to the specific
impulse of the engines, and secondarily affected by the stage mass
ratio (i.e. the fraction of the stage mass that is propellant
rather than tankage & structure); solids have about half the
specific impulse of hydrogen-oxygen engines, and worse mass ratios
than kerosene engines. Thus, a liquid stage can easily achieve
almost twice the delta-v performance than a solid; since delta-v
from launch to orbit is nearly independent of anything else, you
simply need to stack more stages to reach orbit on solids.

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です