何人かのファンは、ショルスタッフ自身がいつも別のことを述べているときにLelouch vi Britanniaがコードを持っていたと信じていますか? (コードギアスR2のスポイラー)

一部の人々は、ルルーシュがR2の終わりにコードを持ち、不滅だったと信じているが、ショーの作成者はいつも正式にルルーシュが本当に死んでいると述べている。(私は公式の声明以下)

時には “Death of the Author”を呼び出そうとしますが、それでも動作しません。
「著者の死」は依然として解釈が作品そのものと一致すること、内部の一貫性があることを要求しますが、これはコード理論には当てはまりません。

ルルーシュはチャールズとの最後の対決の後、ギアスを長く使用していることがわかりました。コードを入手したときにギアスを失うことをアニメが非常に明確に示していたため、コードを持つ人々のすべての4つの例は、これが起こった、彼らはすべて例外なく、ギアスを失った。さらにチャールズは、「私はギアスの代わりに新しい力を得ました。

チャールズがギアスから免れていたことを示すので、コードが最初に活性化される必要があるという考えは、アニメ自体によって否定される。彼の目の周りに赤いリングはなく、神経を再編成するシーンはなかった。これはチャールズがギアスに免疫されなかったことを意味します。つまり、彼のコードはすでに
“アクティブ”であったため、非アクティブなコードは存在せず、コードをアクティブ化する必要もありません。チャールズが実際に既に免疫されていて、彼の息子とちょっぴりやりとりしていたことがライブの解説で明白に確認された(下記参照)。

ルルーシュは彼がギアスを保つことを許した特殊なケースであり、したがって通常のルールに対する例外でもあり、アニメではサポートされていないという考え。アニメは特定の状況下で誰かがギアスとコードの両方を持つことが可能であることを示唆していません。誰もそれについて話したり、それについて考えたり、それについて不思議に思うことはありません。そして、前例はありません。アニメが私たちに可能性を否定するすべての先例があります。

アニメの基礎がなければ、このアイデアは純粋なファンフィックであり、キヤノンの伝承から完全に切り離されています。

アニメ自体がコード理論のアイデアを暴くので、ファンの解釈がアニメの口語にはまったく合わないため、「著者の死」を呼び出すことはできません。

公式の声明では、ルルーシュが本当に死んでいるという証拠は、大変圧倒的です。 Redditには、公式の声明を集めたコンパイルデータベースがあります。私はそれらのカップルを強調します。完全な概要については、私は人々に上記のリンクに従うように促す。

これらのインタビューでは、ルルーシュの死は、彼らの美学、心理学などの原則の問題であり、ルルーシュとルルーシュの目には償還と救済の問題であり、より優しい世界のために死ぬ平和を発見した彼の妹は欲しかった。

Okouchi: “(…) That end is to Lelouch and
to Suzaku both the punishment and the salvation at the same time.
It’s also connected to the words Lelouch said at the beginning:
“Utte ii no wa utareru kakugo no aru yatsu dake da.” The person who
gave the punishment was punished themselves and if you want to get
the salvation, give the salvation first. Of course it’s also the
same with Lelouch’s decision to accepts the geass (wish), because
he geassed many people, as he himself has said in the show. [He
refers to the last episode when Lelouch says what the people of the
world wish for]”

Animage: “So this was the end, but was
Lelouch happy?”

Okouchi: “I think that the show had a happy
ending, not a bad ending. Lelouch and C.C. talks about it in season
1 episode 7 – just living a life is meaningless. Lelouch saved his
beloved sister and managed to create a kind world in his own way.
His life wasn’t meaningless. That’s why in the end he is
smiling.”

Animage: “So you accept the end of the
show?”

Fukuyama: “I think that before he reached that
final scene, Lelouch had many possibilities to choose from. But he
understood very well what he had done and had to pay the price for
that. Suzaku choose to live as Zero and was awarded the opportunity
to pay for his sins by this choice. And Lelouch got his salvation
by choosing not the happiness of living on but to sacrifice his own
life to create the situation for the world to move forward. If you
think about his character, I don’t think he would still be himself,
if he chose other end.”

Animage interview
Animage interview
(Additional pictures of these interviews can be found here
and in the compilation post of all official
statements)

  • Continueのインタビュー( Vol.42 )。

このインタビューで、彼らはルルーシュを殺す決定が全会一致のものであったことを確認し、ショーのスタッフ全員が同意しました:

Continue: Was there a dispute among the
staff members regarding the ending?

Okouchi: No. It was decided fairly naturally.
During the “Code Geass” script meetings, there are many cases in
which there were a number of disputes, but there were barely any
when it came to the scripts for (the previous series’s) episode 25
and the final episode. I think everyone felt the same when it came
to the end of the character that is Lelouch.

彼らは、ルルーシュの死がショーのために決めた最初のものの一つであり、彼の死は彼らにとって原則の問題であったことを確認します(「彼らの美意識」)。この声明は10年後のつぶやきでも確認されました(下記参照)。

Continue: Why were you so bold as to choose
this ending when the viewers might see it as a Bad End?

Okouchi: Bold… yes, we were so bold as to
chose this ending. Perhaps the show that is “Code Geass” ending up
this way was decided the moment Director Taniguchi and I teamed up.
I suppose you can call it our sense of aesthetics, or perhaps a
part of our psychological makeup.

以下のステートメントは、最初のエピソードからルルーシュの死を予告していたことを、彼の有名な「唯一許された人は殺される人です」と述べています(正確なフレーズはあなたが使ったサブミットに依存します)。

Continue: Still, isn’t it possible that
defeating the wise ruler Schneizel, the person who was supposed to
have brought order to the world, might lead to some [viewers]
interpreting it as a Bad End?

Okouchi: That’s true. There are probably a lot
of people who think of it as a Bad End, a tragedy, considering the
protagonist’s, Lelouch’s end as well. However, Lelouch says in the
first episode: “Only those prepared to be shot are allowed to pull
the trigger themselves.” If you were to think of that as his pride,
then I think his getting shot (killed) in the end was a logical
end. Of course, I understand that not all of the viewers will
accept this ending. There were people who wanted a happier ending,
after all.

この最後の声明の一部は、人々がオープン・エンドとしてそれを見ることができると言っているように、コード理論家によってしばしば誤解されていたことに注意することが重要です。彼の言葉から、これは彼が言っていることではないことは明らかです。彼は、一部の人々がルルーシュの死を悪い結末と見なし、一部の人々はハッピーエンドを望んでいることを理解していると語った。基本的に、彼が言っていることは、人々がリルーシュの死を幸せまたは悲しみとして解釈することは自由であるが、ルルーシュの死自体は決して解釈のために開かれていないということである。結末はあいまいではありませんでした。

ルルーシュの死は、真の最終的な死と解釈されるだけで、コードが彼を復活させるまでは一時的なものではないことに注意することも重要です。特に、死の予兆は、一時的な死や偽の死しかし、後のつぶやきはこのことをさらに明確にするので、私はそこにさらに深く入ります。
(下記のつぶやきを見る)

  • つぶやき

コードギアスの10周年記念日の一環として、ショーの制作者は、「ギアスの思い出」と題された一連のつぶやきを始めました。ショーを制作した日を思い出して、制作過程を光らせ、ある決定がここで特に関連性の高いものは、ギアスの記憶77-83です:

“ルルーシュという人の話を始める前に、私は谷口監督と何か確認しました。それはルルーシュの終わりが死になるということでした。
  「少なくとも、彼は自分の罪を認識しており、彼の死を支払う」。
  「ルルーシュと呼ばれるこの男は、彼の死によって彼の罪を払うだろう」彼は最終的にこの決定を下すまで話を続ける」
  ”このシリーズの最初のエピソードで見られるこのルルーシュは、おそらく死を選択しないと思われます。しかし、我々は彼が最後のエピソードで変更されて参照してください。

Link to the tweets on his twitter
account.

Screenshot of tweets in Japanese Transation of the tweets

ここでの「死」は、「真の最終死」としか解釈できず、コードが彼を復活させるまでの一時的な死ではないことに注意することが重要です。これは、「死」という言葉を「2分間の死」または「偽の死」という言葉に置き換えることによって容易に明らかになります。
「ルルーシュは2分間死んで罪を払う」 “彼らの死を偽って喜んでいる人だけが殺される”。
「ルルーシュが2分間死んでしまったのは、私たちの美学の一部でした」
ルルーシュがコードを持ち、不滅であったと仮定すれば、彼らの言葉は単に意味をなさないことはすぐに明らかです。古くからの議論では、「彼らは死んだが死んでいない」と述べ、コード理論家が神の言葉を却下しようとすると、単に水をまったく保持しない。
(また、「彼は死んだ後、彼は死んでいた」と不自然なことを言う人はいますか?)

  • オフィシャルガイドブック

公式ガイドブックは、ルルーシュが死んでいることを明示的に述べている。あまりにも多くの繰り返しを避けるために、私はゼロレクイエムの説明だけをコピーします:

「父親を殺すことで知られる重い罪を負う2人は、最高の刑罰を科すことで互いに許すことができるという信念を共有しています。ルーテルの死明日は姉と死の間に罪を償うことを望んでいるの孫のための人生
“と言います。

これは、ゼロレクイエムが、より良い世界を創造することだけでなく、LelouchとSuzakuの両方の罪についても償還していることを説明しています。ルルーシュは永遠にC.一部のファンが望むほどの償還ではありません。ルルーシュが本当に死んでいるのはここではっきりと分かります。

Guide Book, Lelouch's page Guide Book, explanation ZR

  • The New Epilogue(2009)

運転手の顔をズームインしてルルーシュであることを明らかにするファン編集があるところで、インターネット上を回っている偽ファンのエピローグとは違って(それをリンクすることでもっと注意を払わない!)実際には、ゼロレクイエムのブルーレイの正式リリースで見つかる真の新しいエピローグです。

偽のエンディングは、コード理論の物語を押していた人々の日陰のあるチャンネルを除いてはどこにも見つかりませんでした(実際にどのように入手できましたか?そしてなぜ彼らだけですか?)、本当の新しいエピローグは、あなたがアニメを見るウェブ(ゼロレクイエム映画を探す)

編集されたズームの間に画質が大幅に低下した偽のものとは異なり、テレビのロゴが突然消えてしまい、編集中に音楽がなくなると、本当の新しいエピローグには、新品、高品質の芸術、音楽、CCによるナレーション声優さん

この新しいエピローグでは、しばしば誤解された干し草のシーンが削除され、C.C.聴衆と話し、ルルーシュが死んでいること、死を悼むことを明示的に説明しているが、彼は自分の目標を達成するために死んだという考えで慰めを見つける。

“若い男が死んで、世界を変えて新たな秩序を創造する力がありました。世界は彼を恐れ、彼を憎んでいましたが、彼は笑顔で死にました。誰もが自分の夢を実現したことで真の満足感を本当に理解することができるので、これは悲劇ではなく、夜に泣いたり泣いたりすると、私は歌を歌います。
>

あなたは新しいエピローグを見ることができますここ

  • 忘れられない記憶を見なかった

彼の死についての公式の声明がすべて不十分であるかのように、クリエイターは、Nunnallyが思い出した思い出/コードビジョンなど、コード理論の中核点のいくつかを明白に否定しました。

Mook Animedia
(2009年1月28日、p.89-90)にナナリーがビジョンを見ていたこと、またはコードやギアスと関係があることを明示的に否定したインタビュー(下記の2枚の写真を参照)。

Q:「ナンナリーは、最後に手を触れたとき、ルルーシュの本当の意図をどうやって実現しましたか?」

     

スタッフメンバーK:「ナナリーが誰かが嘘をついていると言うことができるように、ロメマイヤーが彼女に嘘をついていると言うことができるように、彼女が話している人の手を感じることができる発汗や軽い震え、それはギアスやそれに類する特別な能力のようなものではありません。

     

スタッフメンバーY: “はい、彼女は単にこの能力のために[ルルーシュは横たわっていた]   
  

スタッフメンバーK:
“彼女はマリアンヌの娘とルルーシュの妹です。シュナイゼルの敗北から2ヶ月が経過しました。この2ヶ月間、何が起こったのか、何が起こったのか、絶えず疑問に思っていました。それで彼女が最後にルルーシュの手を触ったとき、彼女は落ち着いていると感じました.2人と2人を一緒にして真実を実感しました。もちろん、アニメではそれを説明するのは難しいですが、はい、私たちが持っていたこの種のロマンチックなアイデアのように受け入れてください」。

Mook Animedia p.89
Mook Animedia p.90

  • コードをアクティブにする必要はありません

コードギアスの映画のリリースには、さまざまなコードギアス関連のイベントが伴いました。そのいくつかは、明らかにライブインタビューとライブ解説でした。以下は、ルルーシュが父親を援助しようとしていた場面について、オノウチ、谷口プロデューサー、他2人のプロデューサーによる解説からの抜粋です。これは、これらのイベントに出席した人々によって記録されました。これらの人々のプライバシーを保護するため、私はそれらを特定できるようにするすべての情報を削除しました。

このつぶやきはパパンにギアス掛けシーンも、「これギアス掛かってないのに死んだふりするんだよ」「息子を驚かせようと」「ルルーシュくんかわいそ」「これ一番ショッキングなタイミング計ってるよね」「絶対笑いでねえてるよ」色々言われてて笑った。

翻訳:その場面についてルルーシュ・ギアス彼のお父さんは、「彼は気にされていない、ちょうど彼が死ぬふりをしている」のように笑った。
“彼は息子を驚かせようとしている!” “悪いルルーシュ” “彼は最も衝撃的なタイミングを選択しようとすると、彼は”
“私は彼が笑わないように努力すると確信している”

このブログ投稿は、さまざまなコードギアスのことを話します。関連する部分は赤で強調表示され、コウジロウさんは「この人、ギアスかかってじゃないですか。よく我慢してますね。こころ絶対笑い堪えてますよ」

“彼は影響力のあるギアスの下にいません、彼は?彼はふりをしてうまくいきます、確かに、彼は今、笑ってはいけないと確信しています。

クリエイターはチャールズがすでにギアスの影響を受けていないと言います。つまり、チャールズはすでに「アクティブな」コードを持っています。つまり、コードは決してアクティブではないので、アクティブ化する必要はありません。

結論

There’s is a mountain of official statements which all repeat
the same thing Lelouch is truly dead.
When you put all these things next to each other, you see this 結論
is inescapable, consistent and waterproof.

一部の人々は、続編が正式に確認された主人公としてルルーシュと一緒に来ているという事実は、彼が生きている/不滅であるという証拠であると主張するだろうが、それは実際には正反対である。この続編の正式名称は「復活のルルーシュ」です。彼が本当に死んでいるという公式の声明と、続編と続編の名前に戻ってくるすべての公式声明を組み合わせると、ルルーシュが続編で始まり、何とか復活し、何とか墓地から帰ることは明らかです。

一部の人々は続編が何とかルルーシュが不滅であることを意味しなければならないAU(代替宇宙)であると主張する。続編がオリジナルのシリーズではなく映画に続くことは事実であり、これらの映画は元のシリーズと1つの大きな違いがあり、それによってAUになります。しかし、この変更はLelouchに直接関係するものではなく、Zero
Requiemはまだ発生していますが、Lelouchはまだ死んでいるので、映画が表示される限り、R2に関するすべてのステートメントも続編に適用されます。

この公式声明の要約は、redditのコンパイルポストに基づいています。コンパイルポストは2つのパートから成り、パート1はすべての公式のステートメントを集め、パート2はコ​​ード理論がアニメのキヤノンによって確立されたルールに違反するため、アニメ自体がコード理論とどのように矛盾するかを示します。

その投稿は非常に長く(この回答よりも残念ですが)、完全で完全であり、すべてのCode
Geassのファンには絶対に読んでください。

Lelouchが本当に死んでいるような大量の正式な陳述に直面すると、アニメ自体がコード理論の核心と矛盾しているという事実と相まって、なぜ多くの人々が依然として暴露理論に縛られているのですか?

ルルーシュ、アニメ、クリエイターに、それが作られた方法で作られた作品を受け入れることは、もっと敬意をそそられるだろうか?特に、創作者たちは、ルルーシュの死が彼らの原則の問題であるという点を指摘しているからです。

ベストアンサー

拒否の明確なケースです。
愛する人の死を受け入れることができないファンはいつも起こります。どのようなキャラクターxやyが人気キャラクターのすべてに対してまだ生き残っているのかという理論があるところで、玉座のゲームを見てください。

否定は通常の悲しみの第一歩ですが、フィクションでは現実を受け入れるよう強制されないため、多くの人が否定にとどまって、すべての種類の理論を思いついて、すべてがうまく、愛する人物が彼が何をしているのかはまだ生きていて幸せにやっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です