アッとゾンビ少女の海南の悪者は誰ですか?

通常、アニメでは、ヒーロー(別名主人公)と悪役(別名アンタゴニスト)があります。辺を切り替える文字や、究極の善悪はないかもしれませんが、ほとんどの場合、それらの線を描くことができます。

Aru Zombie Shoujo no
Sainanでは、あなたは大学生のグループが主人公だと思っていますが、あなたはすぐに彼らがそうではないと思われます。

2人の女の子の声を聞いたとき、私の経験上、日本人の声優は同じ面(良/悪)で、同じような特性を持って役割を果たす傾向があるので、「ああ、そう、彼らは主人だ」と思ったそれは善良な人の声でした。私もそうでなければすぐに表示されました。

結局、誰がどちら側にいたのか、まったく面があったのか、全然混乱してしまった。

ベストアンサー

ほとんどのアニメは、良いスクリプトと悪いスクリプトに続くが、Aon ZonbiShōjono
Sainanはそれらの一つではない。私たちには2つの側面があります:ゾンビとゾンビの敵。どちらも、不道徳な行為を行うのと同じくらい良いとは言えません。例えば、ゾンビは罪のない人(最初はケアテイカー)を殺し、ゾンビの敵は常に互いに裏切ります。

それにもかかわらず、アゾン・ゾンビ・ショウジョ・ノ・セイナンの物語は、価値観の衝突として理解することができます。
Euphrosyne
Studionsの世界観では、ロイヤリティが大きな役割を果たしています。これは、安倍雅弘の刑罰と、アルマを救うための徹底的な救助の試みによって実証されたものです。

一方、大学の子供たちはサヤカに裏切られた。
Takanashiによって裏切られた人。マコに裏切られた人そして、私は、安倍が自分のグループを売却しようとしたことを忘れていた。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です