エピソード29でデスノートに触れた後、メイロが死神を見ないのはなぜですか?

I asked this question on Movies & TV SE, but was
requested to ask here.

Death Note父親 )、第3の死神(
Sidoh )がノートブックを返却するためにロサンゼルスに到着しました。

He needed the current owner (which was one of the Mello’s
subordinates, Jack Neylon
) to touch the Death
Note in order to see him.

彼が手を触れなかった場合、ジャックナイロンはメモの所有者になりましたか?

シドーが到着したとき、デスノートはメロの手にあったが、シドーは見なかった。何故ですか?

ベストアンサー

ジャネット・ナイロン(彼の本名はカル・スナイダー)が所有していたデスノートは、デス・ノート・アニメ・シリーズの最初のエピソードで取り上げられたライト・ヤガミで、カバーの内側にいくつかのルールが書かれています。これは、樋口恭介(四葉人)が心臓発作で亡くなった時に手に入れたデスノートライトです。樋口は元オーナーだったので、オーナーシップはライトに戻りました。また、樋口前のデスノートを所持していた死神はRemだった。

だから、ライトは、メイロのギャングの誰か(彼らはY462と呼んでいた)に、矢上宗一郎(彼の父親)がデスノートを渡したことを知ったとき、彼はデスノートの所有権を放棄した。そこで所有権はY462に渡されました。このY462の男が最終的にギャングのリーダーによって殺されたので、その所有権は、論理的にカル・スナイダーであるデスノートに触れた次の人に渡っているに違いありません。カル・スナイダーが決して死のノートに触れなかったことは決して言及されていない。彼は持っているはずです。それが彼がその所有者になった理由です。

デスノートの所有権は、それを所有する死神の「死」後に影響を受けることができる2つの論理的な方法があります。

ケースI:
デスノートを所有していた死神が死んでしまうと、死神を所有していた死神が再びその所有者になるとしましょう。この場合、RyukはRemの前にDeath
Noteを所有していたRyukだったので、SidohではなくDeath
Noteの所有者になります。この場合、カル・スナイダーはシドーではなく、リュックを見ることができます。

ケースII:
デスノートを所有していた死神が死ぬと、死神はもはや死神の所有ではなくなったとしましょう。それで、シドがメロからデスノートを奪った時点まで、レムが死んだ時点からデスノートに関連した死神はありません。だからこの場合、カル・スナイダーはメイドからデスノートを奪って彼に投げた時だけ、シドーを見ることができた。それ以前の時点ではありません。

上記の2つのケースのいずれかを真とすることによって、デスノートはもともとシドーに属していましたが、現在は所有者ではありませんでした。だから、カル・スナイダーは、デス・ノートがカル・スナイダーに投げられ、それぞれの人に触れる前に、デス・ノート(メロのような)と接触している誰もがシドーを見ることができなかったのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です