2週間のスプリントで手動テストと自動テストの両方を計画する方法は?

手作業によるテストケースの作成が完了した後(3日で言うと)、レビューのためにPO(プロダクトオーナー)に提出します。

今私の質問は、マニュアルテストを開始する方法と方法(マニュアルテストケースに基づいている可能性があります)です。同様に自動化も同じです。

また、どのテストケースを自動化する必要があり、どのテストケースを手動でテストする必要があるかを決める方法もあります。

ベストアンサー

そこに解凍するにはいくつかの質問があります。

まず、2週間のスプリントでテストを開始するタイミング:できるだけ早く。多くの経験豊富なスクラムチームは、1つまたは2つのバックログアイテムをテスト可能な状態にしてから他のアイテムに移動することに専念し、テスターがそれらのオブジェクトを処理できるようにします。これはテストを通してより良い仕事の流れを作り出すので、最後に積み重なるわけではありません。

または、最初にテストする:テスト駆動型開発や行動主導型開発など、コードを記述する前に不合格なテストを作成する技術さえあります。これは、開発者、テスター、PO、ステークホルダーが非常に緊密に連携し、2つの活動を継続的に統合することを要求します。どちらの場合も、一度に1つのテストケースを取得し、そのテストケースに展開してから次のテストケースに移動します。
TDDはコードレベルに焦点を当てており、ユニットテストで駆動され、テストと開発の平均サイクルは通常数分で計測されます。
BDDはより高いレベルであり、あなたが考えているテストに似ているかもしれませんが、これらのテストでも、各テストケースを定義して解決する完全なサイクルは、ほんの数時間を超えることはめったにありません。

自動化対手動の場合、私の最高の経験は、それらに対するアプローチを同じように扱うことでした。私はテストシナリオを定義することができますし、それが何かを繰り返しテストしたい場合は、開発プロセスでそれを自動化します。それ以外の場合は、そのまま使用してください。ほとんどのチームにとって、これはテスト自動化のためのより多くのオプションを開きます。事後にQAエンジニアがテストを自動化する必要がある場合、自動化されたブラックボックステストを実行することがしばしばあります。開発中に自動化すると、コードのさまざまなレベルにフックを作成し、3つのレベルからテストするのではなく、ソースに非常に近い動作をテストし、より効果的で脆弱なテストにつなげることができます。

最後に、
POの承認について不思議です。高レベルのテストケースは、しばしば受け入れ基準に密接に関連しています。実際、Spec
by
Exampleと呼ばれる練習があり、その2つは同じものです。バックログ項目がスプリントに持ち込まれる前に、これらのタイプのテストケースのいずれかを定義し合意することが期待されます。それは探索的なテストでは何も起こらないと言っているわけではありませんが、私は公式のプロセスではなく、POとの廊下での迅速な会話でそれらの結果を見るのに慣れています。一方、実装自体に結びつけられたテストは、しばしば製品の所有者ではなく、チームの範囲です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です