「祖国」が植民地を世界のどこでもうまく扱っている状況はいつまでありましたか?

「祖国」が植民地を世界のどこでもうまく扱っている状況はいつまでありましたか?

私はフランスのプロテスタントで生まれたので、私の国と他のインドシナ人のフランスの恐ろしい扱いについて教えてきました。世界の歴史を学ぶことで、私は、大勢の勢力が彼らの植民地からの罠を悪用しただけだと言います。人々が彼らに反抗して独立を望んでいたのも不思議ではありません。

私は本当に歴史に精通していないので、権力(あなたが彼らと呼んでいるのは権力ですか?)が彼らの植民地民をよく扱い、教育を受け、彼らの市民。私は人種主義と狂信主義のために、それが非常に薄いストレッチであることを知っています。それは植民地主義の中心的なイデオロギーからは遠いですが、香港についての話を聞いたことがあります。英国の支配下にあったのとは対照的に、PRC。その他の注目すべき例はありますか?

ベストアンサー

英国植民地のいくつかは非常にフレンドリーな言葉で独立していて、依然として英国と密接な関係を保っています。カナダ、オーストラリア、ニュージーランドが気に入っています。しかし、彼らの先住民は到着した植民者によって追い出されたので、人々は経験について別のように感じるかもしれない。

香港は植民地から自治に移行しておらず、ある国の植民地からより権威主義的な国の一部に移行した。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です