ヴィシー対フリー・フランスに関しては、セント・マーティンとサン・バルテレミーの地位はどうでしたか?

ヴィシーフランスのウィキペディアの記事はかなり良いマップ

enter image description here

このマップには、元々ヴィシー(Vichy)であった地域とフランスのフリーコントロール(日本の支配下にある東南アジアの黄色の州を除く)に変更された地域が示されています。

しかし、それには2つのフランス領がありません:セントマーチンサン・バルテルレミーあなたがカリブ海で見る2つの青空の島は、実際にグアドループとマルティニーク島です。

私はセント・マーティン(島全体ではなくフランスの所有物)とサン・バルテレミーが元々ヴィシーの支配下にあったのか、フリー・フランス支配下に入ったのかを知りたいと思います。当時誰が彼らを統治していたか、そして彼らは6月1940年以降どのような声明を出したのですか?

ベストアンサー

それはヴィシーフランスの一部でした。 St Pierre and Miquelon
は言及していませんでした。ニューファンドランドに近いこれらの小さな島々は、フリー・フレンチ派による(わずかな)力で捉えられるまで、ヴィシーの支配下にあった。彼らは今日もフランスの所有物です。

私はサン・マルタンがフリー・フランス統制下に入った時を知らない。その年にジュリアナ王妃が島を訪れたので、1943年以前であったに違いない。他の半分がヴィシー・フランス支配下にあったとすれば、王位継承者がそれを行うならば、私は非常に疑念を抱いています。サン・マルタンもシント・マールテンです。島はフランスとオランダによって共有されています。両国が共通の国境を共有している唯一の場所です。

私はサン・マーティン/シント・マールテンについて話しているだけです。私は仮定していますが、確かに分かっていません。どちらの島もヴィシー・フレンチの支配下にあります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です