キリスト教は、ローマの異教と他の古代宗教をどのように置き換えましたか?

キリスト教は、国家宗教だけでなく、実質的には帝国の中で唯一のものとして確立することに関心を示した最初の世界宗教であるように思われます。キリスト教は(ユダヤ教の例外を除いて)唯一の法的宗教になったようであり、すべての人がそれに従うことが期待されていました。特に、古代ローマ、ギリシャ、エジプトなどの異教徒の信者は、まず宗教を公的に練習することから防ぎ、次に宗教を守り、楽しい時に「異端者」を迫害した。

タイムライン

タイムラインを理解しているので、

キリスト教の歴史学はキリスト教徒による異教徒の殺人について話したがらないようですが、それは異教徒の司祭を殺す。私は他の宗教も迫害されているのかどうか、またどれだけ迫害されているのかは分かりません。ユダヤ教は長期的には迫害から生き残る唯一の宗教です。ミトレー主義もまた、ローマ帝国などで実質的な追随を得ていました。

関連する質問

It was asked before why Christianity
was more successful in gaining followers
before it became
dominant and suppressed rivaling religions. The two answers list
several interesting factors (the missionary nature, the inclusive
message, the inception at the time of the Pax Romana, etc.). Other
possible explanations seem to be discussed in the literature (ministering to and
caring for the sick, higher valuation of women, faster population
growth rates, etc.). The question I am asking is different:
How did they manage to stamp out all other
religions?

Edit (May 23 2018):

これまでの回答とコメントのまとめと残りの問題

これまでのところ、この現象を説明する3つのアプローチが明らかになりました。

  • キリスト教と異教は根本的に異なると本質的に同じ種類のものではありません。
    キリスト教は宗教であり、抵抗なく広まり、異教徒の伝統を根絶しました。なぜなら、それは他の宗教に敵対していたからですそれは(間違って?)異教を見た。
    問題:なぜキリスト教が他の帝国や諸国、ペルシャ、Axum、異教の北部と東部のヨーロッパ、インドの州で同じ支配を達成しなかったのか説明しません。それらのすべてがキリスト教にさらされていました。しかし、北ヨーロッパと東ヨーロッパでは異教徒に取って代わるのに何世紀もかかりましたが、キリスト教はペルシャやインドや中国の多くの共存する宗教のひとつに過ぎませんでした。
  • ローマ帝国は生存のために苦戦していたが、経済の不振と法の支配の徐々の解消により、政府(つまり、皇帝、軍隊、政権)は、力。古代宗教はこれを実現することができませんでしたが、ローマ人はこれを実現するために非常に努力しました(伝統的な多神教の中で特定の神々を持つローマの神を他の主題に引き続いて特定することによって)。反対のカルト(キリスト教、Dyonisos、Mithras、Isis、Manichaeism)を抑圧しようとしなかった後、彼らはそれらの1つと同盟を築き、今や望ましくない伝統的な異教の宗教の残りと共に他を抑圧し続けた。
    問題:キリスト教がどのようにして皇帝が捜し求めていた社会的一貫性を提供したのか、それとも他の崇拝者を完全に抑圧できるのかを説明していません。
  • 人間が<�宗教を必要とし、自然の指導者に従う傾向がある>
    というフランシス・福山の主張。それは、宗教的な保守主義の薄く覆われた防衛のように感じるが、現代社会の場合のこれに関する証拠がある。
    問題:前代未聞の社会にこれを適用しようとすると、議論ははるかに弱くなります。近代化社会を変えようとする試み、特にボトムアップのアプローチが失敗した多くの例がある。
    2つの例を挙げるに過ぎない。1.リトアニアの異教は、1400年代までヨーロッパではキリスト教国家に囲まれていたが、君主が改宗し、ポーランドの王冠を報酬とするまで続けられた。
    2.統治者の中でイスラムが東南アジアに広がっているように見える。キリスト教は、伝えられるところによれば、王を改宗することによって、エチオピアで首尾良く導入されたこれは、リーダーに続く人口やイデオロギーに収束する人ではなく、政府側の管理です。福山の議論が成立しているとはいえ、ローマ社会はその点で現代社会のようであることが示されなければならない。確かに、古代ローマのキリスト教の普及は草の根運動として始まりましたが、古代ローマはイデオロギーの普及を促進する現代社会の多くの特徴を欠いていました(ベネディクト・アンダーソン:印刷出版、時空の統一概念に従う…)。

Note: The question was changed from “why”
to “how”. The question intends to ask for the mechanism for the
religious monopoly, not the justification. The first version of the
question was not clear on this matter.

ベストアンサー

心に留めておくべき主な根底にある要素は、キリスト教は一神教であるということです。キリスト教は、自分のほかに神を平等に認めない。異教徒は共存する多数の(しばしば地方の)神に慣れていました。キリスト教徒はこうして偽の異教徒を偽名にするよう命じられました。異教徒たちは、少なくとも、キリスト教徒の神に心を開いてはいけないというイデオロギー的な相反はありませんでした。

言い換えれば、キリスト教は単純な喪失を通じて生の優位性を持っていました。


さらに、一神教はキリスト教徒のための中心的な教えであり、異教徒にとっても自然な多元主義であるため、異教徒を吸収するためにキリスト教が不可能であったキリスト教の神の覇権との闘いを避けるためにわずかに改訂されています。しかし、キリスト教は、第一の原則に違反することなく異教徒の神と共存することはできませんでした。

その結果:

オスタルのようなAS
Eástreは、異教徒の宗教において、礼拝が非常に根強く、キリスト教の教師がその名前を容認したそれを自身の最も偉大な記念日の1つに適用しました。

。それゆえに、OstarâEástreは、雷の夜明け、生きる光、喜びと祝福をもたらす光景、その意味が簡単に復活に適応できる神性キリスト教徒の神の日。

     

Grimm、Jacob。 ティートン神話:第4版から翻訳されています。 Dover
Publications、1966年。

キリスト教徒の Saturnalia の採用もよく知られています。


しかし、キリスト教は多くの点で単により概念的に魅力的でもありました。ローマ、ギリシャ、ほとんどの異教の一般的な形態は、キリスト教の道だった具体的な教義と統一的な教えを基本とした組織的な宗教ではありませんでした。

問題の一部は、古い宗教の非常に地元の人格にあり、それには文脈上の構造、あるいは確かに教えがない。 。
。多神教はライフサイクルと結びついていました。 。
。それはいくつかの点では自明であり、キリスト教の中で生き残ることができるということです。だから徹底的に内在主義的な宗教は、容易に概念化することができないか、それゆえに擁護することができなかった。

     

Bowman、Alan、Edward Champlin、Andrew Lintott。
ケンブリッジ古代史ケンブリッジ大学出版局、1996年

多くの場合、異教徒は単にコミュニティの伝統でした。これは信者にぶつかる理由としてはほんのわずかです。ローマ時代に多くの知識人が無神論者でした。さらに、伝統はそれの中で生まれていない人々にはほとんど魅力を与えません。

それは何の選択肢もなかったときは問題ではなかった(ローマ世界では無神論は知られていなかったが)。キリスト教の神学は、そのメリットが何であれ、まさにそれを提供しました。

今、確かに、時代に合わせて異教を改革しようとする試みがありました。しかし、これらの取り組みは、大衆の間でほとんど成功を収めていませんでした。もっと重要なことに、それまでにキリスト教は致命的な頭を打った(下記参照)。


さらに、キリスト教は、 福音であるため、保持と引力の両方において双子の長所を利用することができました。/a>信仰。ほとんどの異教徒の神々は、地元や状況にあった。先に述べたように、彼らは基本的にコミュニティにとって「働いた」ものであった。説教する機関はなく、普及の動機がほとんどないので、気にする必要はありません。対照的に、キリスト教徒は福音をできるだけ広範囲に広げるように命じられました。

ユダヤ教は、文化的にはユダヤ人と結びついていても、この点で競争することはできませんでした。これらすべての効果の組み合わせは、驚くことではないが、宗教的改宗者が一方向にしか進まない傾向があることを意味していた。何世紀にもわたって、クリスチャンは必然的に帝国内の他の宗教団体をすべて覆い隠していました。


なぜその交換は完全だったのですか?まあ、異教徒のローマは宗教的に寛容であったことに注意することは重要です。他の異教徒の神々を踏み外すためのイデオロギー的な命令はなかった
– 確かにローマ人の彼ら自身の。帝国の主題は、彼らが国に従っている限り、彼らが好きな神や神が崇拝することができました。

対照的に、先に述べたように、キリスト教信仰の基本的な教義は、自分以外の他のすべての神を偽りとして拒否し、繁栄することです。したがって、クリスチャンが国家の道具を支配すると、少なくとも宗教的ドグマに強要されていました。したがって、AD
380のテッサロニカの編集

4世紀末までに、ローマの異教徒の誇りであった宗教の寛容は、GratianとTheodosiusによって破壊された。後者はキリスト教徒を唯一の唯一の唯一の行為国家の宗教とそのライバルを禁止する。

     

ハイド、ウォルターウッドバーン。 ローマ帝国におけるキリスト教への異教論 Wipf and
Stock Publishers、2008。

これはまた、ローマ時代のキリスト教の習得の潜在的な挑戦者を押しつぶしました。



OPのフォローアップの質問に関しては、

キリスト教と異教は根本的に異なり、本質的に同じ種類のものではありませんでした。異教徒は、組織化されていない、伝染していない、他の文脈に翻訳できない伝統であった。
。 。 問題:他の帝国や州でキリスト教が同じ支配を成し遂げなかった理由を説明しません。

しかしそれはそうです。率直に言って、私はあなたの反対によって困惑しています。あなたのすべての例はキリスト教徒だったか、またはローマの異教徒のようなものではなかった他の一般的な宗教を持っていました。おそらく、あなたが要約したローマの異教の記述は、他のすべての非キリスト教の宗教にも当てはまると思いましたか?私はそれがあなたではないことを保証します。

ペルシャの

国家の宗教として、組織的で一神教的な ゾロストラリア症
独自の明確な神学と聖書を持つ宗教です。これはどのようにしてローマ帝国の異教に匹敵するのでしょうか?

Axumの

どのキリスト教徒早くも4世紀になった
になり、それが上昇するイスラム世界によって内陸に押し出された時。今日でも、正教会は引き続きエチオピアで最大の教派です。私はこの異論の根拠を全く理解していません。

異教の北部と東部ヨーロッパで。 。
。しかし、北ヨーロッパと東ヨーロッパでは異教徒に取って代わるのに何世紀もかかりました。

そして、キリスト教がローマ帝国を引き継ぐには何世紀もかかりました。ローマは、イエスキリストが死亡した約350年前まで、公式の宗教としてキリスト教を採用しなかった。
Scandinaviaへの最初に記録されたキリスト教の使命は710年に始まりました。スウェーデンは1164年に公式にキリスト教を採用したのは最後でした。これはタイムスケールの中では注目に値する違いではありません。

さらに、ローマの世界は、キリスト教が誕生したときに開発され統合され、比較的迅速なアイデアの普及を可能にしました。キリスト教がその国境の中で始まったという事実もまた助けになりました。北欧とスラブのヨーロッパは、未開発の小国のパッチワークであり、宣教師は彼らの時を訪れました。

インドの州では

文字通り仏教の出生地であったは(宗派によって異なる)包括的な聖文と教えを持つ、福音的、組織的な宗教。繰り返しになりますが、私が記述した要素のどれも、ローマの異教徒を適用したことについてあなた自身が要約したものはありません。

または中国

どちらがあった:

  1. A deeply entrenched pesudo-religious state philosophy, that not only
    reserve to itself the entire apparatus of state, also claims for
    the apex of temporal world order an essentially deified Son
    of Heaven
    .
  2. Taoism, an organised, institutionalised native
    religion with a complete system of philosophy. Imagine if Roman
    Paganism had the chance to develop into a cohesive, empire-wide
    belief system.
  3. By the time of Christianity, Buddhism had already taken
    root.

3つの宗教にはそれぞれ独自の経典と施設がありました。もう一度、ローマの異教論に関する要素は中国に適用されていない。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です