ビクトリア朝のアメリカ革命の意見は何でしたか?

バックグラウンド

私にとってはかなり注目すべきことですが、そうではないはずですが、どれくらいa
small interest in Victorian and 19th century historiography
,
and as I was reading Life of Johnson I began wondering how
these attitudes might have developed during the reign of Queen
Victoria, when America emerged as a world power and a trading
partner, but also as a competitor in Asia and a destabilizing
influence during the Civil War. A couple of googles turned up
nothing.

Between 1838 and 1901 what were the dominant
attitudes of the Victorians toward the American Revolution as an
historical event?
And secondarily the founding
fathers, the American system of government, and any other aspect of
American founding mythology?


Just to clarify, I’m not asking about the
Victorian view of contemporary Americans or America, except as it
relates directly to their perspective on what the American
Revolution meant, both to Britain and as a piece of world history.
The 質問 is basically about Victorian historical memory.

ベストアンサー

ショートアンサー

英国のアメリカ独立に関する最も一般的な見解は、おそらく避けられないということでした。ホイッグの歴史家は、特に、革命は正当なであり、植民者の原因は単なるものであったとも言います。いくつかの作家はまた、後悔を表明します。特に、分裂は平和的に起こらなかった。

創始者たち批評は見つけにくい一般的に高い評価を得ている。しかし、おそらくThomas
Jeffersonの例外は1つ
です。

独立宣言とその中に表現されている理想には、奴隷制に関する偽善以外の批判はほとんどありません。一部の地方自治体では、19世紀後半までに英国の7月4日の祝賀会が開催され、一部の地方自治体でも海軍が参加した

有名なMacaulayの引用では、憲法は「すべての帆とアンカーはない」(文脈については下記を参照)、ある政治家はそれを感じていたアメリカが欠けていた唯一のものは、王と家でした。


一般的な項目

ビクトリア時代の長さと、アメリカ革命の対象となる紙にペンをつけた人格の多様性を考えれば、作家のさまざまな視点や興味を反映して、かなり広い範囲の観察が見いだされます。しかし、一つの支配的思考>を特定しなければならない場合、母国からの植民地の分離は、最終的に避けられないだろう

これらの作家の中の非歴史家は、主として現代(アメリカ人とアメリカ人のために)コメントしましたが、以前の出来事についての彼らの考えを時々明らかにする。それは残念ながら、残念ながら主に作家に限られており、人口の残りの部分(つまり大多数)が何を考えているかについてはほとんど記録がないようだ。しかし、少なくともいくつかは作家の出版物の影響を受けていると推測することができます。

歴史家の間では、ビクトリア朝時代の大部分のアメリカ革命で書かれたものの多くは、アメリカの歴史家によって、( George
Bancroft

自由主義の愛国主義は、
  W.E.Hを含む米国。レッキーとジョージオットーTrevelyan、そして非常にだった
  彼の日に影響力があった

出典:アメリカ革命:歴史的な紹介

For these Whig historians

アメリカの歴史の根底にあり、統一的なテーマは、   暴力から離れた自由と民主主義に向かって奉仕する行進
  旧世界の絶対主義のようなものです。

British imperialist writers from the latter part of the
Victorian age accepted that the American colonies had been badly
treated and that the revolution was justified. Nonetheless, as
Laurence Kitzan in Victorian Writers and the Image of Empire
explains,

…それは裕福な…地域との   最大の可能性は、帝国の前に
  帝国主義の作家たちが書き始めた。アメリカ革命と
  帝国システムの一部としてのアメリカの植民地の終焉は、
  常に作家への恥ずかしさです。

アメリカ南北戦争の後、「強化された英米の」相互作用がありました。この興味深い例の1つは、Brook
Millerのアメリカと英国の虚像<20世紀の文学>
アメリカ人革命をどのように(作家以外の)人々がどのように見ているかを垣間見ることができます。

19世紀の終わりに…地方自治体が開催された   ロンドンのアメリカ独立記念日のお祝いや
  英国の小さな都市。

英国海軍でさえ、1899年にに登場しました

イングランドのプリマスには、すべてのイギリス軍艦が装飾されています
  フラグと21銃の敬礼が発砲されている


一部のユーザーの表示(大まかに時系列順)

Frances Trollope (novelist)
wrote Domestic Manners of the Americans (1832) just before
the Victorian era (and thus not long after Britain and America had
been at war) but it is worth citing for the controversy it caused
and because her views contrasted sharply with those of her son,
Anthony Trollope (see below). Also, she lived 25 years into the
Victorian era and I’ve found no evidence that her views
changed.

フランシストローフにとって、英米関係の歴史は   アメリカ革命(1775〜83年)との破裂の歴史
  両国間の絶対的な崩壊。彼女の記述では、アメリカ人
  彼らが英国から継承したすべてのものを拒絶し、
  その場所に置くことはほとんどありません。

出典:Amanda Claybaugh、アメリカのTrollope ( Anthony
Trollopeのケンブリッジ仲間)

ビクトリア女王初期の チャールズ・ディケンズ
が米国を訪れ、出版されましたその後すぐに彼のアメリカのメモ(1842)彼のコメントは、ほとんどが現代アメリカに関するものですが、アメリカのプレスを告発する過程で、彼は設立父親

…アメリカの新聞が現在の、あるいはその近くにいる間に   その国の高い道徳的改善は望めない。
  毎年、それは戻って来なければなりません。年々、
  公共の感情はより低く沈む必要があります。毎年、議会と
  すべてのまともな男性の前で、上院はあまり説明されなくてはなりません。年
  年々、革命の偉大な祖先の記憶は、
  彼らの退化した子供の悪い生活の中でますます怒っている。

Harriet Martineau (social theorist and
Whig writer) admired the republican ideals of America,

特に宣言で宣言された平等の理想   独立していて、アメリカでは
  理論と現実…マルティノーはアメリカ人の中で最も批判的だった
  彼女が信じていた地域では、   女性や黒人の治療で最も顕著なものです。

出典:Robert Frankel、Observing America

Sir Archibald Allison
(advocate and historian) wrote an article titled Foreign
Affairs
which appeared in Blackwood’s Edinburgh magazine.
v.57 1845
. Blackwood’s was a Tory monthly magazine which
published essays and fiction, with contributors such as Joseph
Conrad, George Eliot and Samuel Taylor Cooleridge. It had a loyal
readership, especially in the colonial service. Allison wrote:

1776年に、現在イギリスの植民地   アメリカは、独立宣言をした
  その後起こった闘争は、特定の状況によってマークされていなかった
  残虐行為、または血の渇き、おそらく時折、
  いずれかの当事者のインドの同盟国の一部。戦いは男性の間でした
  同じレースで、お互いを見て慣れていた   国民と兄弟、そして同情と気持ちが
  一斉に多くの敬意を表します。それは男らしいと公平に戦っていた…

アリゾナ州は、メキシコ南部の隣国であるメキシコのアメリカ革命と最も有利な点を比較して、

その大半を達成した若くて盛んな国は、   親の後見人を捨てることができると感じている人は、
  その独立性を主張し、それを強く証明した
  しかし、暖かい心と冷静な判断で真実です。

英国の歴史家であるWhigの一般的な見解にもかかわらず、主要な留保もあった。 Thomas Babington Macaulay
(歴史家と政治家)は、1857年5月23日の手紙の中で、 Henry S. Randall のアメリカの作家と政治家。 マッカーサーは、「ジェファーソン氏の意見は高くはない」と彼の信念を表していますそれ

…純粋に民主的な組織は、遅かれ早かれ、破壊しなければならない
  自由、文明、またはその両方…あなたの運命私は信じている
  確かに…ニューイングランドが厚くなる時が来るだろう
  古いイングランドのように熟しています。賃金は低くなり、変動する
  私たちと同じくらいあなたと一緒に。あなたはあなたの管理人と
  バーミンガム;それらの管轄官とバーミンガムでは、数百人の
  数千人の職人が間違いなく仕事から逃れることができます。その後、
  あなたの機関はかなり公平にテストに持ち込まれます….それはかなりです
  あなたの政府が苦しみを抑えることは決してできないだろう
  大多数の不満を抱いています…..私は恐れるでしょう、
  spoliation。暴動は苦痛を増やすでしょう。苦しみ
  新鮮な噴火が起こるでしょう。あなたを止めるものは何もありません。きみの
  憲法はすべて帆でアンカーはない。私が前に言ったように、
  社会はこの下降の進展に伴い、文明   自由は滅びなければならない。

Anthony Trollope (novelist) was
far more positive about the American Revolution than his mother
Frances (see above). Amanda Claybaugh observes that he viewed

…アメリカ革命は痛みを伴うが必要な段階である
  イギリスの植民地主義の歴史。一度イギリス人が入植者を設立したら
  北アメリカの植民地では、   植民者はいつか彼らに対して立ち上がり、必然的に
  英国はそれらを落とそうとし、アメリカ人   最終的に自立を勝ち得るだろう。その
  このようにアメリカ革命は、Trollopeはそれを   破裂。

John Robert Seeley (historian and
political essayist), in The Expansion of England (1883),
saw the revolution as being of great importance as it led to a new
state bigger in territory and population than any European country
except Russia. Thus,

…アメリカの革命は、不幸な面倒なことではなく   非常に短い物語で派遣されるかもしれないビジネスは、
  重要度が高いだけでなく、より高いレベルのイベント
  現代英語の歴史の中のほとんどのものよりも重要です。

自称の反帝国主義史家 ゴールドウィンスミス
は数字の1つでしたイギリスとアメリカの間のアングロサクソンのつながりの重要性に焦点を当てた19世紀後半の作家たちのことです。ニューヨークのカナダクラブに贈られた
Anglo-Saxon
RaceのSchism(1887)で、彼はAnglo-Saxonの傾向を簡単に喧嘩していると思っています。

7月4日の大砲が発射され、   アメリカ独立を称えてスピーチが行われていますが、
  私たちはアメリカ共和国の誕生に喜び、鐘を鳴らさなければならない
  アングロサクソンの競争における分裂のための喪服の喪服….

     

アングロサクソン植民地と政治的依存の関係   その母国はおそらく最初から不健全であり、
  それは常に暴力的な破裂の危険を伴いました。

彼は英国が植民地を扱った方法を急いで批判している

人々の半分が、   情報の公平な分配を含め、少なくとも受動的に
  王位の傲慢と暴力まで忠実な   王の原因から疎遠な多数。

彼はまた、ジェファーソンに対する低い意見を持っていました。

Jeffersonはルソーとフランスの革命家だった。   ルソーの真の兄弟であり、国内改革を説き、
  ジェファーソンは誇らしげに言った   彼の奴隷を守った。彼の理論は本当であり、彼の理論は
  感情は美しいかもしれないが、英国政府は
  植民地政策を形作ることは合理的に期待されていなかった
  ルソーとヤコビアンを満足させるために。

他のほとんどの作家と同様に、彼は

すべての出来事で、分離は避けられませんでした。それは不可能だった
  両方の半球のアングロサクソン領域は1つの永遠に残るべきです   政府、…先見の明
  政治はそれを妨げた可能性がある、暴力的な破裂です。

詩人で文化批評家の マシュー・アーノルド は、ワシントンとハミルトンだけが”Robert
Frankel”( Observing America )の人たちは “区別”をしているにもかかわらず、
Edmund Burke の “印象深く深遠な言葉アメリカの文明(1888):

偉大な革命が起こった – 革命が行われました。   既存の州のいずれかで
  新しい種の新しい状態の出現、新しい種の
  グローブ。それはすべての関係において大きな変化をもたらしました。
  新しい惑星の出現としての力のバランス、バランス、重力
  ソーラーワールドのシステムであろうか?

アーノルドは兵士と政治家 Hussey
Vivian

が「喜んでいる」と述べている”しかし、彼らは王を持って、上院を主の家に置き換えなければならないと言った。

新聞編集者 W。 T. Stead
は、英米の統一を促進したプロモーターであり、

7月4日の遵守のケース   英語圏の世界は、アメリカ革命に
  伝統的な英国の政治的原則を具現化し、
  大惨事は、王冠にどのように持続するかについて貴重な教訓を教えていた
  実行可能な世界の帝国。

出典:Robert Frankel

マルティノー氏のように、スティードは奴隷状態で「独立宣言」を「中空」にしたと批判し、奴隷制に非常に批判的だった。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です