ローマ人は朝食を食べましたか?

This BBC article, citing the food historian
Caroline Yeldham, says

私たちが知っているように朝食は歴史の大部分には存在しませんでした。
  ローマ人は本当にそれを食べていませんでした、通常は1日1食しか食べません
  正午ごろ、食料史家のCaroline Yeldhamは言う。実際には、朝食
  積極的に怒られました。

彼女を直接引用すると、記事は続き、

“彼らは消化に執着していたし、複数の食事を食べていた
  貪食の一形態
と考えられています。 “

このスミソニアン記事は多かれ少なかれ同じことを言い、BBCの記事でYeldhamを引用する。それは見出しです

熟練労働者の誕生までの朝食はほとんどが古くなっています

小見出しは

ローマ人は食事を敬遠し、中世で食べたことはほとんどありませんが、ほとんどが食べています
  朝食今すぐ

Caroline Yeldhamは、 historynewsnetwork によって「著名な」と評され、この University of
Leedsの記事
を参照してください。しかし、他のいくつかの情報源は、少なくとも部分的に彼女と矛盾しているようです。

ウィキペディアの記事「古代ローマ料理

伝統的に、 ientaculumという朝食は、夜明けに 1
が提供されました。 strong>。

食事の詳細を挙げても、この記事は同意しているようです:

朝食の通常の時間は   朝。
ientaculum、または朝食は、フラットのビュッフェで構成され、
  塩で味付けした丸いパンを食べました。豊かな古代ローマ人、
  Patriciansはまた、卵、チーズ、蜂蜜、ミルク、フルーツ
  これらの早期の食事に含まれる

This article seems to fall somewhere in-between,
saying “Romans were not big on breakfast” and that it was not a
major meal.

上記の矛盾した情報から、ローマ人は少なくとも「小さな」朝食を食べたようです。私はまた、農民や兵士がおそらく何らかの種類の朝食を食べたと推測しますが、伯爵夫人への言及もあります。

朝食を食べなかったローマ人のクラスがありましたか?

Or are the somewhat conflicting accounts due to
differences over time?
(none of the sources are
time-specific and Ancient Rome covers a period of over 1,000
years)

Did the later Romans, under the influence of
Christianity, drop breakfast?
I mention this because, due
to the influence of Christianity, breakfast was not common in early
medieval Europe.

ベストアンサー

問題は、時間を経て変化するグループではなく、単一のエンティティとして「ローマ人」を一般化することによるものと思われる。
ローマ人の私生活のジョンストンは、時間の経過とともにローマの食生活に見られる変化:

与えられた人のテーブル用品は、年齢によって異なります。   文明と洗練の発展、そして同じ年齢で
  クラスと個人の手段と趣味。ローマ人の中には   初期の共和国の間はおそらく
  2世紀B.C.
。彼らは、彼らの喜びのためにほとんど気にしませんでした。
  表。彼らは倹約的に生活し、控えめに食べた。彼らはほとんど
  厳格な菜食主義者(273)、食糧の多くは寒さを食らった   最高のシンプルさは、調理と
  彼らの食事。

でもその後:

共和国の最後の2世紀は、このすべてが変わったのを見ました。ザ
  ギリシャの征服とアジアの戦争マイナーはローマ人に味を与えた
  東部の贅沢品を取り除き、シンプルなテーブル習慣を変更しました。
  税関は外界と同様に接触することによって変更された。

これはいくつかの新しい行動につながった。

一方、非常に豊かな人々の中には、   ギリシア人は洗練されていないが、
  グルメ。彼らは食糧のために世界を襲いました。
  まれで、コストがかかり、本当に美味しくて繊細なものでした。ザ
  独立したダイニングルーム(trīclīnium)が導入され、
  2つ以上の(§204)、およびoecī(§207)はおそらく、
  宴会場のためにサービスに入った。ダイニングソファ(§§224,304)
  ベンチや便の代わりに、奴隷は食べ物を
  リクライニング客、ディナードレス(第249条)が考案され、
  familiaurbāna(§149)には、高価なシェフとスタッフ
  訓練を受けた助手。

ジョンソンは朝食が食べられたとの意見ではあるが、後のローマ人にとっては「間違いなくその日の最も重要な食事」ではなかった。

都市の初期の時代、そして国のすべての期間にチーフ
  食事(cēna)は、その日の真ん中で食べられました。   早朝に朝食(
ientカクラム)を   夜は夕食(ヴェスペルナ)をしてください。

ientculum 自体について:

      

  1. 朝食とランチョン。朝食( ientculum
    またはiantāculum)は、起きた直後に食べられました。
      個人の職業と社会的地位。通常それ
      パンだけでできていて、乾燥したものやワインに浸したもの、
      レーズン、オリーブ、チーズが時々塩になってしまった
      追加されました。時間を押された労働者は朝食を取ったようだ
      彼らの労働の場所に行って食べる彼らの手、そして
      少年はしばしば学校に行く途中で停止した(122頁)。
      パンケーキ(286号)を購入して一種のショートケーキやパンケーキを購入する
      急いで朝食を作った。もっとまれに朝食は普通のものになりました
      食事:今述べたことに加えて卵が提供されました。
      麦芽(§298)と牛乳を飲んだ。
  2.   

だから、1日3食を食べないローマ人への言及は、以前の共和国時代を指しているかもしれませんが、後で朝食は間違いなくスケジュールの一部です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です