同心円(加算と差分)で3×3の正方形に数値を整列する

2同様の質問:

I.違い

enter image description here

Arrange numbers 1 to 8 to replace the letters so:
A = abs (B – D)
C = abs (B – E)
F = abs (D – G)
H = abs (E – G)
To eliminate duplicates by rotation and reflection, let’s set the
rules: A > C, A > F, A > H and F > C
There are 2 solutions

II。添加

enter image description here
Arrange numbers 1 to 8 to replace the letters so:
A = B + D
C = B + E
F = D + G
H = E + G
To eliminate duplicates by rotation and reflection, let’s set the
rules: A > C, A > F, A > H and F > C.
There is just 1 solution

ベストアンサー

差1

 5 8 2
 3 - 6
 4 7 1

推論:

8は白い四角で表示する必要があります。隣接する白の7は速やかに解消されます。
1は青い四角形にする必要があります。それ以外の場合は7が必要で、8の隣にはできません。

差2

 7 1 4
 8 - 5
 6 2 3

推論:

4は8と反対にすることはできません。6はコーナーにある必要があり、4-2の配置になります。そして4は8に隣接することはできませんので、反対側の角になければなりません。もう一方のコーナーにある7は、1の配置に問題を引き起こします。

添加

 8 2 5
 6 + 3
 7 1 4

推論:

A + B + C + D + E + F + G + H = 36、A +
C + F + H = 2(B + D + E + G) E + G = 12。
2番目のケースでは、1と4は反対でなければならないが、1 + 5 = 2 + 4でなければならない。最初の1と2は反対で、1 + 3
$ ne $ 1 + 6 $ ne $ 2 + 3 $ ne $ 2 +
6でなければなりません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です