“ウォームアップ” – 筋肉や腱に何が起こっているのですか?

私はエクササイズを
“ウォームアップ”する多くのピアノプレイヤーを聞いています(そして、それは彼らがピアノでちょっとハノンなどのように少し弾いていることを意味します)。
私は自分自身も演奏の数分後に私の演奏が酔っ払いになるという経験をしました。私は鍵を逃してしまいました。(鍵にかかる力が実際には小さすぎるという意味では間違っています。残っている静かな)収縮。私は以前の動きを誇張して、同じ効果(より強いキーストローク、基本的に)を観察し、通常押すよりも強くキーを押した。

私が一度読んだ説明(私がそれを読んだことはもう分かりません)は、そのような「ウォーミングアップ・エクササイズ」が筋肉の(より一時的に)高いトーナスをもたらし、一時的に知覚される高い能力をもたらすということですキーを押す。この説明は有効ですか?

私が行った観察は、すべて私の遊びを助ける「ウォームアップ」にリンクしていますか?私の筋肉や腱には何のウォーミングアップがありますか?ピアノで滑らかな演奏ができるようになります。

Edit: To be honest I’m rather unhappy with the
question having been migrated to this page, because a) it is common
to do “warming up'” on the piano (In the way I described), b) it
doesn’t have that mutch to do with the warm ups in sports
(stretching and such), and c) I would have hoped for opinions of
pianoplayers and there experiences with “warming up”. I haven’t
been asked wether I want this question to be migrated either.

ベストアンサー
申し訳ありませんが、適切な答えはありません

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です