股関節屈筋および四肢の受動的ストレッチ

だから、何年ものIT職務がヒップ屈筋と四肢をひどく締め付け、前骨盤の傾きにつながりました。私はストレッチをして抵抗トレーニングをしますが、私が座っているやり方を変えることを考えていたり、筋肉を引き締めているのとは反対の効果があるように働いています。

私は今では家で仕事をしているので、深い踏み台、十字架、ベッドの上で伸びるなど、私が一日中働くことができるポジションがあるかどうか、また四分位股関節屈筋を一日中、または少なくともさらなる損傷を制限する。

ベストアンサー

あなたができるなら立っている机。それ以外の場合は、15分ごと(または30-45分の時間間隔)、立ち上がって歩き回り(必要な場合)、あなたの臀部を曲げ、芯を支え、背筋をまっすぐにします。その後、座る。首を曲げない位置にモニターを置いてください。中立の位置にあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です