低強度の心臓は卒中量の増加を誘発する唯一の方法ですか?

持久力トレーニングに精通している人にとって、低強度の定常状態の心臓が、HIITができない1つの重要な適応をもたらすことは明らかである:心拍数の増加(偏心肥大または心拍出量トレーニングとも呼ばれるが、一回拍出量x心拍数、より正確な拍出量を見つける)

明らかに、この適応は、(継続の期間(1×60分は適応を引き起こす)、3×20分はAFAIKの程度は低い)。

私は賢明な努力/回復管理を伴うインターバルタイプの訓練が依然として同様の適応をもたらすかどうか疑問に思っていますか?どんな参考文献も理解できます。

ベストアンサー
申し訳ありませんが、適切な答えはありません

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です