クラフトコマースの購入に使用されたクレジットカードの最後の4桁を表示する方法

フロントエンドのテンプレートで、購入に使用したクレジットカードの最後の4桁を表示したいと思います。データはJSON形式の
craft_commerce_transactions テーブルの
reference 列のdbにあります。

{
    "approvalCode":"PNRABL",
    "transId":"60007205645",
    "card": {
        "number":"1234",
        "expiry":"112318"
    }
}

Craft Commerceがこのデータをユーザーアカウント領域に表示する方法はありますか?

ベストアンサー

Brad氏のもう1つのアプローチは、トランザクションの時点で注文のフィールドに4桁の数字を保存することです…後で検索しやすくするためです。私たちは私たちのゲートウェイの私たちが私たちに与える詐欺のスコアでこれを行う…

   //Save the Beagle Anti-Fraud Score to the order
    craft()->on('commerce_transactions.onSaveTransaction', function ($event)
    {

            $transaction = $event->params['transaction'];
            $order = $transaction->order;

           //Transactions are saved before responses too....
            if($transaction->response){
                BusinessLogicPlugin::log($transaction->response);

                if (array_key_exists("BeagleScore",$transaction->response)){
                    $score = (string) $transaction->response['BeagleScore'];
                    BusinessLogicPlugin::log("Beagle score found: $score");
                    $order->setContentFromPost(["beagleScore"=>$score]);
                    craft()->commerce_orders->saveOrder($order);
                }
            }
     });

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です