高音量で低音質スピーカーを歪ませる原因は何ですか?

タブレット、携帯電話、ラップトップ用のスピーカー私は2014年にタブレットを購入しました。システムオーディオファイルの修正を行う方法についてのチュートリアルを受けました。これは、タブレットの最大ボリューム機能の前後を比較する際に非常に感謝しています。

それは良いですが、明らかに、それは途中でかなり歪んでいます。私は専門家のオンラインから、ブルーレイサウンドシステムを除いて、ガジェット内のほとんどすべてのスピーカーが悪いと聞かれました。私の友人£1200
Lenovoのラップトップは例外であるようです。私が大量に音楽を吹き飛ばしていたとき、私の良質のイヤホンが歪んだ私のタブレットと違っているという「明快さ」を維持していました。

あなたが理解できるなら、それが私が得意とするものだと思います。私の経験から、低品質のスピーカーは、オーディオそのものが高品質であっても、音楽や音声の音量を高い音量で「消音」にしますが、良質のスピーカーは「音楽があなたの隣にある」ように聞こえるのに対し、個々の楽器のあなたがイヤホンで音楽を聴いているかのように。

イコライザーで調整してタブレットでこの問題を解決する方法はありますか、またはDIYでスピーカーを交換する必要がありますか?

ベストアンサー

ここでは、主に周波数応答、過渡応答、信号対雑音比(S/N)および全高調波歪み(THD)に関わる多数の要因があります。

Frequency response is largely
dependent on the size, shape and mass of a speaker cone and there
is no such thing as a speaker with perfect frequency response. But
most significantly, the size of a speaker ‘tunes’ the frequency
response of a speaker around a frequency band. This is why most
speakers have more than one cone and a crossover to split the input
signal and distribute it to the speaker that will reproduce it
best. Usually tweeters for high, and speaker cones of varying sizes
for the other (lower) frequencies. Laptop speakers usually have one
speaker (cone) per channel which is ‘pushed’ hard to reproduce
frequencies it really shouldn’t so you can’t expect a lot from
them.

Transient response depends
mainly on the amplifier used, as well as the mass of the speaker.
Again, a lot of concessions are made to miniaturize these and fit
them into a laptop.

Signal to noise ratio depends on
the design of the whole system, even the cabling used and the PCB
design. The motherboard of a laptop is a very (electromagnetically)
noisy place but most signals are digital and not really affected by
this but a digital signal has to be converted to
analogue to be sent to the laptop speaker and from what I’ve seen
in laptops I’ve opened up for repairs, all have single (unshielded)
wires.

Total harmonic distortion is
probably the most audible effect and is what happens when you’re
nearing a system’s maximum limit. It is all about compromise here.
It is a trade-off between having clear sound and having loud sound.
Given the same amplification stage, a designer has to make a
decision and that’s usually done according to the consumer demand
and the focusing to certain market. Very few laptops (if any) are
focused to audio use and I’m pretty sure they would count on an
external audio interface to do all the A/D and D/A conversion.

これを解決する方法は、外部サウンドシステムを使用することです。ノートパソコン、タブレット、または電話機から出てくるアナログ信号が、プロフェッショナルでない限り、上に述べた要因の点では間違っているわけではありません。

品質に満足していない場合は、外部オーディオインターフェイスの恩恵を受けることもできます。タブレットとラップトップの両方にUSBポートがあるので、まずはUSBオーディオインターフェイスを調べます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です